武蔵野タイムス

武蔵野タイムス

武蔵野市議 川名ゆうじが議会や市政を中心に情報発信します

自治・社会・福祉


注目のRPAは、業務改善or格差拡大? 

2018年1月9日

 RPA(Robotic Process Automation=仮想知的労働者)の現状について話を伺った。働き方改革につながるかも...


武蔵野市の国民健康保険料 来年は3割増に?

2017年12月26日

 武蔵野市の国民健康保険料(税)が今のままでは平均で約3割上がることが分かった。今後の市対応で保険料は変わるが、議会ではこの額が問...


小規模多機能を増やせるか? 20年先をいく高齢化社会の大牟田市視察から

2017年11月10日

 高齢化は国の20年先を行っているという福岡県大牟田市では都市部では進まない小規模多機能型居宅介護施設の整備が進められていた。理由...


介護保険料値上げへ 問われる市民ニーズと中身

2017年11月7日

 介護保険料の次期保険料について、武蔵野市の基本的な考え方が示された。値上げは避けられない見込みだが、問われるのはサービス内容と...


TGK48ってなに?  参考になる高齢者健康事業

2017年10月24日

 高齢化による医療費増が課題となっているが、健康でいることで削減をめざす取組みとしてTGK48の活動が参考になる。 続きを読...


北町高齢者センターに子育てひろば 10月に開設

2017年9月13日

 武蔵野市立北町高齢者センター(吉祥寺北町4-1-16)に子育てひろば「みずきっこ」が開設されることになった。10月22日(日)に...


小中一貫教育とスラップ訴訟

2017年9月9日

 小中一貫教育校に異議を示す人達が建設事業者から訴えられている杉並区の様子をうかがってきた。 続きを読む ...


病床激減 吉祥寺地区の病院事情 

2017年8月3日

 病院の廃院や入院機能の停止で吉祥寺地区の病床が激減し、病院機能が大きな課題となっている。今のところ、解決策は見出させていないが...


コストも考える住民参加  

2017年8月2日

住民参加には、議論を重ね提案をしても何も変わらない。結局は行政のアリバイ作りとの批判は少なくない。香川県三木町では、住民から...


ギャンブル依存症の実態と対応策

2017年7月18日

昨年12月、「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(「IR推進法」)が国会で賛成多数により可決、成立した。今後、...


配車アプリ「ウーバー」で解決? 公共交通空白地域問題 京丹後市視察から

2017年7月12日

 京丹後市ではスマートフォン・アプリを活用した配車アプリ、UBER(ウーバー)を使い住民同士で公共交通の空白を埋める「ささえ合い...


バス運賃 安くすると利益があがる!?  公共交通空白地域問題 京丹後市視察から

2017年7月10日

 人口が密集する武蔵野市でさえ問題視されているのが公共交通の空白地域だ。地方であればなおさらだろう。京都府京丹後市を訪れ、その解...


後期高齢者医療制度 保険料で計算ミス

2017年4月18日

 後期高齢者医療制度への保険料の計算ミスがあり、本来の保険料よりも多く支払っていた人と少なく支払っている人がいることが分かった。こ...


保育園にいけない「隠れ待機児」。 医療的ケア児の対応は?

2017年3月22日

 保育園待機児が社会問題となっているが、同じように保育園に行きたくても行けない子どもが増加している。その子どもたちは、医療的ケア...


武蔵野市のコミュニティ、社会教育をテーマに学習会 3/18に開催

2017年3月4日

 武蔵野市のまちとコミュニティ、社会教育をテーマとしたパネルディスカッションと交流会が3月18日(土)に開催される。 続き...


バッシングがまかり通る今だから考えたい。言論・表現の自由 (動画)

2017年1月18日

 一方的にターゲットにされて、猛烈なバッシングにさらされている元朝日新聞記者、植村隆さんの基調報告や実際のヘイトスピーチから現在...


未来をつくるために  中学生も参加する総合計画  酒田市視察から

2017年1月5日

 長期的な視野にたち作成されるのが自治体の総合計画だ(武蔵野市では長期計画)。この計画づくりをワークショップ形式で、しかも、中学...


大津市のいじめ対策  参考にしたいこと

2016年12月5日

滋賀県大津市のいじめ対策について、市議会文教委員会で視察した。平成23年に当時の中学2年生が自殺した事件から、市がどのような...


骨髄ドナーの登録と支援拡充を

2016年12月3日

 白血病患者への骨髄移植に新たな課題が出てきている。それは、ドナーへの支援が不十分なことだ。 続きを読む ...