福島の子どものがんは20~50倍 帰還計画は延期を/津田教授の論文から

 岡山大学の津田敏秀教授が、福島原発事故当時18歳以下だった福島県民全員を対象に実施した甲状腺がん検査の数値を分析したところ、甲状腺がんの罹患率は、事故前の割合に比べ20~50倍と推定されるという衝撃的な論文が発表された。


続きを読む