武蔵野市議会 子宮頸がん予防ワクチンの副反応被害救済を求める意見書を可決

 武蔵野市議会は、3月26日、本会議で子宮頸がん予防ワクチンの副反応被害救済に関する意見書を全会一致で可決した。武蔵野市内にも被害者がいる。国による早急な救済措置が必要だ。意見書は下記。

続きを読む