2003年の待機児対策への考え方

 平成15年(2003年)の武蔵野市の保育園待機児は、71名だった。このときに手を打っていれば、今ほどの大きな問題とはなっていなかったのかもしれない。なぜ手を打たなかったか。そこには、保育園への考え方の違いがあった。

続きを読む