武蔵野市議会 出生届による婚外子差別撤廃の意見書を可決

 武蔵野市議会は6月26日、本会議で婚外子差別撤廃のための戸籍法改正に関する意見書を賛成多数で可決した。戸籍に「嫡出子」か「嫡出でない子」の欄があることで、婚外子であるかどうかか分かることから記載しないように国へ法改正を求めるものだ。婚外子差別とならないように改正すべきか。それとも家族制度を守るために現行通りにするか。議会では意見が割れていた。

続きを読む