現物だからこそ伝えられる

IMG_0102 東日本大震災の津波で6階建ての1~3階が壊滅的に破壊され、4階までが水に浸かった岩手県宮古市にある「たろうホテル」を訪れてきた。震災の記憶を残すための遺構として宮古市が保存することを決めているホテルだ。実際に現地を訪れ、現物を見ると震災の恐ろしさが身に染みてきた。震災があったことが忘れたかのような動きもあるなか、貴重な体験だった。

続きを読む