費用27~56億円 市民文化会館を視察 どこまで改修すべきか

 多額の修繕費が課題となっている武蔵野市民文化会館の現状を市議会で視察した。築30年となり、特に舞台まわりの機器が老朽化していること。30年前には想定されていなかったバリアフリー対策などが求められている。改修は必要だとは思うが、問題はその費用だ。現状で最も安く見積もって27億6128万円。最大で56億5520万円という巨額な費用が必要だからだ。

IMG_0053

続きを読む