原発が止まっていても石油の輸入は増えていない

 原発が停止していることから火力で電気を作るため石油の輸入が増え貿易収支を悪化させている。早く再稼働をさせるべき、との論がある一方で増えていないとの指摘も聞く。そこで、統計を調べてみると、石油(原油及び粗油)は増えていないばかりか、2011年の福島第一原発事故前よりも減っていることが分かった。

HOIKU

続きを読む