賑わいのnonowa東小金井  武蔵境駅東側はどうなる?

 JR中央線東小金井駅直結の鉄道高架下商業施設「nonowa東小金井」の様子を見てきた。武蔵境駅の西口(nonowa口)と同じようにスイカ専用の出入り口でつながるのは同じだが、改札からそのまま商業施設へとつながってしまうのは異なっていた。武蔵境駅の東側の高架下がどうなるか見えてないが、このようになるのだろうか。

IMG_2853IMG_2998

 「nonowa東小金井」は、1月27日にオープンした。駅を利用している人に聞くと、行列ができるなど今までにない賑わいだったという。実際に訪れてみると、商業施設の中央にパリをイメージしたという石畳みの通路を配置していることや噴水があるなどこれまでの高架下というイメージはいい雰囲気で、駅と直結していることをより効果的に使っているように思えた。

IMG_2997IMG_2995

 気になるのは、武蔵境駅東側の高架下への影響だ。西側の『nonowa武蔵境』への人気も高いことを考えると、東側に東小金井のような施設ができると、どうなるのだろうかと思ってしまった。
 駅を降りて、そのまま雨にも濡れずに買い物ができて駐輪場へも直結している。駅周辺に出歩かないで帰宅してしまうことが可能になってしまう。周辺商業への影響を心配してしまった。ビジネスなのだから、衰退はそれぞれの努力次第と言えばそれまでだが…。

IMG_2999 武蔵境駅の東側は、高架下がJR。北側が武蔵野市。南側が西武鉄道とそれぞれに土地を持っており、どれもが細長い。より効果的に使うのであれば、連携していくことが必要で、東小金井駅とは条件が違い、武蔵野市が一定の意見を言える立場でもある。ここに市政センターを移転する予定でもあるのだが、その姿が未だに見えていないのだ。
 東小金井の姿も参考に、今後にも注目したい。
(写真の下は、商業施設から改札を見たところ。駅と一体化している)

nonowa東小金井の詳細はこちら(PDF)