小学生児童連れ去り未遂事件への武蔵野市の対応

 

 19日にあった「小学生児童連れ去り未遂事件」について武蔵野市サイトで概要と対応が記されている。市では現在、ホワイトイーグルなどでも重点的にパトロールを実施中だ。

 未遂事件の概要は、時事通信によると、下記となっている。

『19日午後3時20分ごろ、東京都武蔵野市西久保の路上で、小学生の娘が連れ去られそうになったと110番があった。警視庁武蔵野署によると、男と並んで歩く女児の姿を父親が目撃し、「何しているんだ」と一喝。男は車で逃走した。
 同署によると、女児は小学生の低学年。帰宅途中に自宅近くで男から「お父さんが事故に遭った。病院へ行こう」と声を掛けられ、手をつかまれた。男と一緒に歩いていく姿を、父親が自宅の窓から目撃。外に出て声を掛けると、男は近くに止めていた黒っぽい車に乗って逃走した』(時事通信 12月19日(木)22時18分配信
 
 市は、『犯人は現在逃走中であり、警察にあっては捜査中ですので、子どもたちの登下校、夜間・深夜帯などの外出については、十分に注意を払い、「知らない人にはついていかない」「ひとりで遊ばない」「外に出かけるときはおうちの人に」「連れて行かれそうになったら大声で助けてと叫ぶ」などについて、ご家庭でもチェックを行ってください』と呼びかけている。

 詳細は武蔵野市のサイトで。

 周辺にご注意をお願いします。