秘密保護法と原発

 朝日新聞に興味深い記事が掲載されていた。『東日本大震災発生前に米政府から日本政府に伝えられていた原子力発電所の全電源喪失対策の情報は、「テロ対策の秘密」の壁に阻まれて原子力安全・保安院の担当課長も見ることができなかった』ことから、特定秘密保護法により、さらに情報が伝わらない懸念を書いている。


 特定される秘密だけならまだしも、拡大解釈される可能性が残されていないか。その不安は拭い去れていないのが特定秘密保護法だ。やり直しが必要だと思う。
 記事によればアメリカでがテロ対策として秘密扱いにしていたが、今では公開することで、原発への不安感を薄めているのだそうだ。秘密にすればするほど疑念は広がるもの。このような姿勢は参考にしたい。