道路を使った太陽光発電

 佐賀県は有明海沿岸道路(久保田IC付近~福所江大橋区間)の法面を活用した太陽光パネルの設置・運営事業に取り組むことを発表、事業者を募集している。今年の4月に道路法施行令の一部改正により、太陽光発電設備を設置することが可能になったためで、県によると都道府県が管理する道路で、太陽光パネルを設置する発電事業者を公募するのは全国初。

 いろいろなところを活用して自然エネルギーによる発電ができるという好例だろう。都心では同じようにすることはできないと思うが、公共施設の屋上や側面など、まだまだ活用できる場所はあるはず。やろうと思う気持ちが最も大切だ。原発が稼働していない今だからこそのいいニュース。

【参考】
yahooニュースビジネス スマートニュース 道路にも太陽電池を設置、佐賀で全国初の取り組み