武蔵野市議会本会議終了  市議補選は結局…

 9月19日で武蔵野市議会9月議会(平成25年度第三回定例会)が閉会した。いつもは決算審議を行うのだが、9月29日から市長選挙があるため、決算審議は市長選挙後としたため早めの閉会となった。
 市長選はともかくとして、同日程で行われる市議補選は、いまだに定数が分からないままの閉会だった。

 市長選挙に立候補を表明している2名の市議は、最終本会でもなんらアクションを見せなかった。武蔵野市議会規則では第71条で議員が辞職しようとするときは、議長に辞表を提出しなければならない、とあるが現状では何もない。このまま市長選に立候補すると自動的に失職するので、市議補選は都議会議員に出馬した議員の1名で行われる可能性が高そうだ。規則上は、告示日前の28日に辞職すれば定数は増えるのだが…。

 市民にとっては、二名分の議員の仕事を封印されてしまうかもしれない。