武蔵境駅周辺道路 10月1日から交通開放

 JR中央線の立体化工事にともない行われた武蔵境駅周辺の道路整備だが、10月1日15時頃に交通開放されることが分かった。西口とスイングビルを結ぶ横断歩道も設置される。

 交通開放されるには、旧天文台踏切を南北に通る都道123号線(相互通行)、中央線の北側を東西に通る市道311号線(西から東への一方通行)、同じく東西に通る市道292号線(相互通行)だ。整備はすでに終わっていたが、東京都公安委員会の承認待ちだったもの。武蔵境駅周辺の整備が、また一歩、進むことになる。

2