福島第一原発汚染水を止めるための緊急署名 締切は8日9時!

 福島第一原発事故による汚染水問題を止めることなどを求めている48時間緊急署名が行われている。署名はネット上から可能だ。署名は、8日の政府交渉で提出される予定。


————————————————-
  【緊急署名】

 これ以上、海を汚さないでください
 政府は汚染水を止めることに集中してください
 規制委・規制庁は、原発の再稼働審査を中断し、汚染水対策を優先してください

※締切:8月8日(木)朝9時

【個人署名】
フォーム1
https://pro.form-mailer.jp/fms/18534d4846287
フォーム2
http://goo.gl/fyHjPZ
【団体賛同】
https://pro.form-mailer.jp/fms/f21b5ad846288
————————————————-

 福島第一原発の汚染水流出が深刻な事態です。6月以降観測用井戸から高濃度の放射能が検出され海への流出が続いていましたが、東電は参議院選挙後までその事実を認めませんでした。ここまで深刻な事態を引き起こした責任は、東電のみならず規制委員会・規制庁にもあります。
 有効な防止策を打てない状況で、原子力規制委員会は会合を開き、更田委員は止水対策を直ちに実施するよう東電に求めました。しかし、東電まかせにすること自体が間違いで、規制委員会・規制庁の自らの取り組みが問われています。
 海への汚染を一刻も早くくいとめるべく、国はあらゆる資源を投入すべきです。これ以上、放射能で、いのちの海を汚さないで下さい。
 田中俊一・規制委員長は、「タンクにため続ける対策では限界があるため、基準値以下にすることを前提に、海へ放出せざるを得ない」と発言していますが、汚染水の放出を容認する前に、まずはあらゆる手をつくして汚染水を止めることに注力すべきです。
 現在、規制委員会・規制庁は、原発再稼働のための新基準の適合性審査に人と時間を割いていますが、そのような場合ではありません。あらゆる人的資源、施策を汚染水対策に集中させてください。以下要請いたします。

一.福島第一原発からの汚染水流出を一刻も早く止め、これ以上放射能を流さないでください
一.汚染水タンクから海への放出を容認しないでください
一.再稼働のための新基準の適合性審査を中断し、原子力規制委員会・規制庁の総力を結集して汚染水対策に取り組んでください

呼びかけ団体:
原子力規制を監視する市民の会
福島老朽原発を考える会
プルトニウムなんていらないよ!東京
グリーンピース・ジャパン
ハイロアクション福島
グリーン・アクション
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
FoE Japan

◆問い合わせ先:
福島老朽原発を考える会 阪上 090-8116-7155
FoE Japan Tel: 03-6907-7217 Fax: 03-6907-7219
満田 090-6142-1807