大河原まさこさん 7/17 武蔵境駅での街頭演説 

大河原まさこさんの7月17日、武蔵境駅南口での街頭演説です。ICU(国際基督教大)出身者で青春の地が武蔵境、食の安全性への疑問が政治活動の原点。原発と人間は共存できないなどを訴えています。

 大河原さんはチェルノブイリの事故から脱原発を考え、政権党のなかでも、どうすれば原発に頼らない社会にできるかを考え、ロードマップという形にしてきました。言っているだけではなく、現実的に脱原発を進めることができる候補と私は確信しています。