この時期にやることか  民主党の参議院選候補一本化

民主党は参院選の東京選挙区候補者を鈴木寛氏に一本化すると発表した。公認を取り消された大河原雅子氏は無所属で立候補する意向を表明している。
 公認候補を二人出すことで共倒れの可能性は以前から指摘されてきた。一本化を考えること自体は否定しない。でも、今のこの時期にやるべきではない。一本化を行うのであれば、昨年の衆議院選挙の直後だろう。現職と新人ならまだしも、どちらも現職議員だ。選挙の準備を整えているこの段階で行うことではないのだ。今の段階は二人を当選させることを考えるべきだ。


 何考えているんだ? と思ってしまう。共倒れした場合の責任回避を優先させたのだろうか。党が決定したとはいえ、あまりにも理不尽。民主党らしいと言われればそれまでだが、こんなことを続けていては党への信頼がさらになくなることに気が付かないのか。私は従うつもりはない。