都議選の結果を受けて

 6月23日に都議会議員選挙の投票が行われ、自民党の公認候補者が当選した。民主党の候補者と僅差ではあったが、結果は結果。民主党候補の選対事務局長として今回の選挙を民主党側から見てきたが、野村克也さんがよく使う言葉「「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」ということだ。

 敗因にはいろいろがあるが、民主党への逆風は止まなかったのが事実。これまで民主党へ投票していた人が共産党へと流れた数もかなり多かったように実感している。民主党全体が、期待を裏切ってきたことへの真摯な反省と再生の道を真剣に考えなくてはならないということだ。具体的な検証と分かりやすい今後のロードマップを作ることが必要だ。
 事前の調査では、自民党と民主党の差がかなり開いており、ここまで僅差になったのは民主党側から見れば善戦したと思う。特にNHKの調査によれば、無党派層から多くの支持を受けていたことは、今後の民主党の建て直しを考えるうえで大きなヒントになると思う。
 いずれにせよ、立ち位置がどこにある政党なのかも含めて解党的な出直しが必要なのが、証明された選挙でもあった。

 選挙結果はこちら(武蔵野市選挙管理委員会)