議員は「アマチュア」? 「専門家」?

条例づくり交流会議 in 会津では、廣瀬克哉法政大学教授の基調提起の後、小林作一会津若松市議会議員、根本謙一会津美里町議会議員がパネラーとなり、議会・議員象についてのディスカッションとなった。論点は、議員は「アマチュア」か「専門家」かだった。

■道具は使うもの

 話を聞いていて印象深かったのは、議会としてのあり方を真剣に考えていることだった。それぞれに、議会基本条例を制定しているが、次のステップが必要になっていることを理解していたからだ。議会基本条例は、どのような議会かを宣言するものになるが、制定だけが目的化してしまうことで実際には役に立っていないことも多い。
 改革とは、改革によって何かを実現するもの。手にした道具(議会基本条例)を何のために使うかを考える必要がある。自治の基本は住民の福祉向上であり、そのための政策の実現ではないか。具体的に住民の課題解決に取り組むべきとの話をされていた。

 執行部に対して、あれこれ文句を言い、ダメ出しだけの議会・議員、執行部は、議会が何とか了承するように根回しやお茶を濁したような政策を作ることでいいのか。課題はどこにあり、解決する手法を示し、どのように考え選択し実行すべきかを住民に明らかにしていくことが議会にも求められている。

 しかし、組織体制を考えれば、執行部が立案し議会が判断する大きな流れは変わらないだろう。最終判断をするのが議会であることを考えれば、まずは、判断するために原案をしっかり吟味しているか。判断材料を多角的に集めているか。「専門家」と「アマチュア(市民感覚)」の両面から総合判断することが求められている。それが、できているのか? の問いかけもあった。

■議会・議員の持つ強み

 総合判断をするためには、議会、議員が持つ強みを発揮するべきだ。執行部・職員は、仕事をとうして得ている情報を元に考えている(一部の職員は違うかもしれないが)。地域に住み職務以上のつながりがあるのが議員だろう。困りごと、特に感情的なことを知る立場であり、行政の枠に入らない生の情報を得られる立場にある。行政のストライクゾーン以外、取りこぼしているものを取り込むのが議会であり、それを政策として形にするのが議会ではないか。執行は行政に任せるとしても、そうなれば、議会があってよかったになる、との話は武蔵野市議会でも参考になると思う。

 ただし、課題はあると思った。それは、「議会があって良かった」にするには議員が議員が、議会、議員とは何かを意識的に考えているかの前提があると思ったからだ。

 例えば、議会の質問で、住民要望をそのままぶつける議員が少なくないからだ。いわば御用聞き。ぶつけるだけなら直接担当課へ伝えればいいだけであり、電話で済むことかもしれない。それこそ、行政側に窓口があれば議員はいらないことになると思う。いろいろな問題が起きると一緒になって運動し、いわば油をそそぐ役目を果たし、結果として自らの支援者を増やすことへつなげるケースもある。行政側からすれば、面倒な存在な議員となってしまうこともある。
「専門家」と「アマチュア」の両方の視点を持つのが議員とすれば、住民感情を理解するのは「アマチュア」。住民の要望は何が原因で、解決するための法的課題、財政面、他の施策との競合など課題整理を行い、選択肢を示し、何が最善なのか、時としてできないものはできないと判断できることが「専門家」ではないだろうか。
 議会で質問をするなら、課題にたいして、解決する手法を示し首長(執行部)と議論するものでは、と思う。その課題提起について、住民全体の利益、福祉の向上になる議員全員が考えれば議会としての判断、政策へとなるのだとも思う。このようなことが、議会全体で同じになっているかが重要なのではないだろうか。

 パネラーとなった議会などでは、議会で議員間討議により課題整理を行うことができる。あるいは、議会報告会を行い住民と協議することで論点を明らかにし、課題整理を行い議会としての意思を作り上げている。また、この過程で住民にも議論が起きるようになると話されていた。一方で、住民要望を叶えてばかりでは自治体は破産するとの発言もあった。議会、議員とはを考える意味で重要な一言だろう。

 行政への市民参加は、今や標準装備。要望をそのまま伝えるだけでは議会、議員の存在意義は薄い。「アマチュア」だけなら税金から給料を出すべきかの議論になってしまう。行政とは異なる発想、アプローチで解決できる「専門家」であるかが問われている。それが議会改革なのだろうと改めて思った。

【参考】
地域の課題を議会が解決できるか

市民と議員の条例づくり交流会議

965264_309467102520507_995460269_o

写真は実行委員との記念写真。私は、市民と議員の条例づくり交流会議運営委員として“お手伝い”も含めての参加だったが、地元の議員がほとんどを行っていただき、何もすることがないほどだった。開催地の皆さんに感謝。