武蔵野市も公式facebookを開設へ

 5月13日の市議会総務委員会でフェイスブックを開設すると行政報告があった。4月5日から試行を開始しており、フェイスブックでは市政情報に加え、イベントや事業の実施、進捗情報、関連団体の情報などを発信し10月から本格実施する予定。

 開設する目的は、コミュニケーションの活性化。フェイスブックには発信をするだけではなく、市民からコメントを書き込める機能があり、実名登録が基本であることを考えると、市と市民とのコミュニケーションを今よりも進めることができるはずだ。目的を考えると開設は評価したい。

 コミュニケーションの活性化のためには、書き込まれたコメントへどのように反応するかがポイントになると思うが、どのような行っていくかを質問したところ、どのような頻度で誰が行うか、どこまで対応するかなどを試行期間中に考えたいとしていた。コメントへの反応をしていくことは重要だが、杓子定規なコメントでは人間味なく読む気にはなれない。かといって、市職員の本来の業務が滞っては考えものだろう。このあたりのバランスが重要だろう。
 今後に期待したい。

 フェイスブックは登録をしていなくても、閲覧だけは誰でも可能。武雄市のように、市の公式ホームページをフェイスブックにするまでは考えておらず、情報発信のひとつのサイトとする予定だ。
 武蔵野市公式フェイスブックページはこちら(似たようなサイトがあるのでご注意を)

 おまけで、川名のフェイスブックはこちらです。

【資料】
2013年05月13日総務_フェイスブックの試行について.pdf