邑上武蔵野市長が北朝鮮に抗議文

  邑上武蔵野市長が13日、北朝鮮の核実験に対して抗議文を送付した。送付内容は下記のとおり。市長が北朝鮮へ抗議文を出したのは2006年、2009年に続き3回目。抗議は当然のことだ。議会は閉会中のため対応ができないのが残念。

朝鮮民主主義人民共和国
国防委員会第一委員長 金 正恩 閣下

朝鮮民主主義人民共和国の核実験に対する抗議文

貴国が2月12日に三度目となる核実験を実施したことに対し、武蔵野市は非核都市宣言自治体として、強い憤りを表明します。
世界中のすべての人々が安心して希望を持って暮らせる、戦争も核兵器もない平和な世界を実現するため、武蔵野市では市民とともに平和に向けた取り組みを続けています。
貴国が国際社会における核軍縮の流れを拒絶し、過去の地下核実験に対して世界中から挙がった抗議の声を無視し、再びこのような愚行を繰り返したことは、人々の平和への願いを踏みにじる暴挙以外のなにものでもありません。
私は、ここに非核都市宣言都市武蔵野市の市民を代表し、平和市長会議の一員として貴国の今回の核実験に対し断固抗議するとともに、直ちに核兵器の維持及び開発を停止するよう、強く申入れます。

2013年2月13日
武蔵野市長 邑 上 守 正