武蔵野市内で発砲事件 本宿、三小で集団下校に

 12月19日の午前6時ごろ、武蔵野市東町3丁目付近の暴力団事務所で発砲事件があり、現在捜査中であると議会へ報告があった。現在のところ、事件があったまでの情報しかない。

 事件発生場所から近い、市立三小、本宿小では地区班別などの一斉下校となった。四小でも通常の下校方法で一斉下校となっている。
 市は詳細な情報の収集に努めるとともに市民へ防災安全メールで情報を提供、ホワイトイーグルで事件発生場所近隣の子ども施設を集中的にパトロールしている。

○あそべえ(全児童対策事業)の対応
 三小、本宿、四小では図書館開放通常通り行っているが、校庭開放を中止。保護者へ迎えに来てもらうよう連絡中。

○学童クラブ
 三小、本宿、四小の学童クラブでは、保護者に迎えに来てもらうよう連絡中。迎えが困難な場合は、集団帰宅の予定。

○保育園
 通常どおり

○中学校
 三中では通常通り。教員パトロールなどを行っている。

 
 NHKニュースによれば、暴力団事務所の前に止められていた車に、拳銃の弾が撃ち込まれたような痕が見つかり、警視庁が発砲事件として捜査中で、けが人はいないという。