横浜市のごみ分別アプリ Android 版も公開

 9月12日に「 9月12日に「ごみ分別アプリ 横浜市が公開」の記事を書いたが、Android 版も開発され10月26日からダウンロードが可能となっている。同時に、画面を流れてくるごみを正しく分別する「「横浜市ごみ分別ゲーム」も開発された。


 このアプリは、プログラムを担当したハル・エンジニアリング(株)とデザインを担当した(株)スナップの協力により実現したもので、両者と横浜市との役割分担を明記した協定書を結ぶことで、横浜市の経費支出はないという。
 若い世代のごみ分別がなっていないという批判を聞くことが多いが、若い世代に伝えるにはどのような手法が良いかを考えると、このアプリを使うのは非常に参考になる。また、民間会社と協力することで経費を使わないという発想も重要だ。発想を変える重要性をあらためて思った事例だろう。

【参考】
横浜市資源循環局
朝日新聞 ごみ分別の無料アプリ 横浜市が公開