東海第二原発の再稼働

toukai 001

 大飯原発が注目されているが、首都圏の原発をどうするかも考える必要があるはずだ。“もしも”、があれば東京に近い原発(※)であり最も東京近郊に影響があるのが東海第二原発だろう。ここの再稼働も考える必要があるはずだ。

 図は東海原発のある茨城県の自治体議会で東海第二原発の再稼働に反対、廃炉を求める決議をしているマップ(趣旨採択含む)で、村上東海村村長の講演を聞いたさいにいただいた資料だ。

 東京ではこの原発への関心が低いように思うが杞憂だろうか。

 東海原発の30km圏内に約100万人が住んでいる。
 東日本大震災のさい、原子炉は自動停止したものの外部電源が停止、あと70cm津波が高ければ福島第一原発と同じようになっていたかもしれないと指摘されている原発なのだ。

※川崎に実験炉がある

【参考】
朝日新聞 WEB新書(有料記事) 明暗を分けた4原発 福島第二、女川、東海第二も事態は深刻だった