【グリーンテーブル】民主党、政府の原発施策へ市民や地方議員の意見を  緊急ミーティング開催 8/23

原発のない社会をめざす グリーンテーブル
────────────────────────
 緊急 8月ミーティングのご案内
────────────────────────

民主党は、政府のエネルギー政策に党の考え方を反映させるため「エネルギー・環境調査会」を設置することになりました。政府は、2030年時点の発電量に占める原発の比率について、「0%」、「15%程度」、「20%~25%程度」の3つの選択肢を示して議論を進めていますが、党の考えが大きく影響すると考えられます。

原発の比率について、市民、地方議員からも声を上げるためにグリーンテーブルは緊急ミーティングを行うことにしました。
あわせて、国会での原発議論の現状についての報告や地域からできる再生可能エネルギー普及についての協議も同時に行います。

どうぞ、ご参加ください!


■日時:8月23日(木) 14時~17時
■場所:衆議院第1議員会館B1第6会議室
  東京都千代田区永田町2丁目1-2
■内容:
【国政報告】
・民主党「エネルギー・環境調査会」、脱原発基本法などの現状と今後

【報告・協議】
「地域から原発のない社会をつくるために」
・再生可能エネルギー条例等の現状と今後
・グリーンテーブルの今後について

【ミニ講演】
・「地域主導のエネルギー革命は可能か」(仮)
 ~市区町村別の再生可能エネルギーの供給実態調査から~
 倉阪秀史千葉大学教授

※国会状況により変更の可能性があります

────────────────────
申込みはこくちーずからお願いします
────────────────────
※締切 8月22日まで

チラシはこちらからダウンロードできます。

詳細はこちらへ