大飯原発再稼働しなくても電力は足りていた

 京都民報が「関電「電力不足予測過大だった」 大飯3・4号機の3倍増』(2012年8月11日)との記事を配信している。『電力不足の根拠とした電力需給予測(5月発表)と、今夏の実測データを比較すると、約700万キロワット、大飯原発2基の3倍もの電力が増えていた』との内容で、この数字通りだとすると大飯原発の再稼働はまったく必要がなかったことになる。

ooi


 記事は、データは、関西電力が5月19日に発表した「今夏の需給見通し」と、7月1日~8月6日までに発表したデータを比較したもの。電力需要は、2987万キロワットを予測していたが、実際の最大需要(8月4日)は2681万キロワットと、306万キロワットも下回っていたとしている。この数字を単純に考えれば、大原発3,4号機の発電量、237万キロワットがなくても大丈夫だったことになる。
 また、関電の需要予測データを「2010年並みの猛暑」と設定したが、今年の猛暑日(35度以上、6日まで)は13日間で、10年の14日間とほぼ同等の「猛暑」だったとも指摘していた。

 この数字をどのように考えればいいのだろう。もしものことを想定し、保険の意味で再稼働をしたというのであれば、再稼働への一定の理解はできた。だが、この数字を見れば、住民が節電を続ければ原発が必要ないことの証明にならないだろうか。

画像は京都民報より

【参考】
関西電力 プレスリリース 今週の需給実績と来週以降の需給見通しについて