民主党の造反

 消費税増税法案に民主党の衆議院議員57人が造反したと伝えられている。党が処分をする、しない。小沢元代表は新党を結成する、しない、党にとどまるなどいろいろな憶測も伝えられている。
 正義がどちらにあるかは別として、造反した以上、党にいるべきではないと思う。というより、党にいることは政治的な駆け引きをこれまでと同じように続けるということだ。そんなことでは、国民の生活が第一になるはずがない。主義主張が違うのなら、政党をつくり、国会の場で政策の是非を議論したうえで、法案の可否を堂々と示すべきだ。
 消費税の是非よりも、これまでの党代表選挙でも行なわれてきたこのようなゴタゴタが一番の問題ではないのか。ゴタゴタを続けてきたことが民主党に嫌気を起こす大きな原因でもあることが分かっているのかと思う。
 このさい、スッキリすべきだ。