霞ヶ関はいち早く東電と決別

 衆議院議員の河野太郎さんのブログに霞ヶ関の官庁がどの会社からいくらで電力を買っているのかの資料が掲載されていた。PPSが始まって、いち早く東京電力から乗り換えていたことは知っていたが、実際の値段は分からなかった。



 河野さんは「驚いたのは、東京電力から買っている役所は一つもない。東電の値上げは役所にとっては他人事だ。それだけ東京電力の電気が高いということか』と書いている。

 経費削減の努力は認めるが、そもそもを考えれば、東電を見切っていながらエネルギー施策を考えているというのはおかしくないだろうか。家庭用電気料が高額なことも含め、なぜ高額になっているか。ほぼ独占させてきた制度や何に使っているかの内容精査を含めて電力会社のありかたを一から考え直すべきだと思った。

【参考】
河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり  霞ヶ関は東電から電気を買わない