“スマート”ハウス

 先日、ある建築家の人と脱原発、省エネをテーマで呑み話をしていたとき、家の断熱がしっかりしていれば省エネにつながるはずだ、と聞いたら、建築家は分かっているけどやらないという返事だった。なぜか。


 私が以前住んでいた団地は、コンクリートの三階建て。内装はコンクリむき出しの質素なものだったが、上下の厚みがあるせいか断熱性に優れていて夏でもヒンヤリしていることが多かった。冬でも3DKの間取り全部を石油ストーブひとつで暖められるほどだった。
 ところが、築40年の借家に引っ越してみると、冬はとてつもなく寒い。夏になれば、とてつもなく熱い日々を体感することになってしまった。
 先日、床を張り替えるさいに床を見てみたら、合板一枚のうえにビニール製のフロア材を敷き詰めているだけというもの。コンクリに比べれば断熱性は劣るわけだ。壁にも断熱材は入っていないのだろう。昔の家だからそんなものだろう。だから、冬はストーブひとつどころでなく一部屋に二つの暖房器具が欲しいと思うほど寒い。夏になれば、汗だくのホッキョクグマがウロウロ状態になり、クーラーが欲しい! となってしまい省エネには程遠い状況になっている。
 つまり、家の断熱性がよければエネルギーは使わない、省エネになる。そのような家が増えていけば原発のエネルギーに頼らなくてもいいのじゃないか、という問いかけだった。

 その建築家は、そんなことは分かっている。エコハウスを作りたいけど、求める人(施主)がいない。なによりも電化製品をたくさん取り付けた家のほうが利益になる。施主だって、そのほうが喜ぶじゃないか、と怒ったように答えたのだった。
 確かに余計な電気を使うことはないはずだ。便器のフタが頼みもしないので電気で勝手に持ち上がらなくてもケッコウ。そんな電気仕掛けが積もり重なって余計な電気を使ってしまうのだ! やめようではないか!! と意気投合してしまった。その建築家は、エコハウス、最近の言い方ではスマートハウスだが、もっと広めるのだ、建てていくぞ、と息巻いていた。期待しようではないか。

 そんな与太話をしている流れで、でも、熱いときにはダラダラと汗をかいているほうが健康的だよね。体の余計な脂分も流れてでいく。毒素を出すデトックスにもなるのではないか。エコなスマートハウスもいいけど、脂分を絞ってくれるような熱い家も体の“スマート”ハウスで、そんな家もいいなぁとお腹の張りぐらいに手で確認しながら、妙なところでも一致してしまった。
 結局、どんな家がいいのかよく分からなくなってしまったが、スマートハウスは必要なのだ、が結論だった。

 エネルギーをなるべく使わないことを前提に、根本的に考え直すのが今ということ。でも、呑み屋での話しなので軽く流してください。