TSUTAYAが運営する図書館

 佐賀県武雄市の図書館の運営をレンタルビデオ店「TSUTAYA」を運営する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」(CCC)が来年4月から行うことで基本合意したと発表された。読売新聞(2012年5月5日)によると、樋渡啓祐武雄市長は『「市民生活をより豊かにする図書館をつくる。一つのモデルとして全国に波及させたい」と意気込みを語った』とされている。CCCが運営することで経費削減とサービス向上になるとされている
 指定管理者制度にも異論があるなか、実現すると今まで以上の民間による図書館運営になる。もしかすると、公共図書館の概念が変わるかもしれない。



 CCCのプレスリリースによると合意内容は下記。

■ 基本合意の骨子
進展する高齢社会の中で、豊かな生活を実現するための中核的施設として、武雄市図書館・歴史資料館をより市民価値の高い施設として運営するにあたり、CCC が運営する「代官山 蔦屋書店」のコンセプト及びノウハウを導入し、企画すること、及びそのための重要な手段として付属事業を展開することについて、武雄市とCCCが提携することについて合意する

■ 提携により武雄市図書館にて実現する9つの市民価値
 1. 20万冊の知に出会える場所
 2. 雑誌販売の導入
 3. 映画・音楽の充実
 4. 文具販売の導入
 5. 電子端末を活用した検索サービス
 6. カフェ・ダイニングの導入
 7. 「代官山 蔦屋書店」のノウハウを活用した品揃えやサービスの導入
 8. Tカード、Tポイントの導入
 9. 365 日、朝 9 時~夜 9 時までの開館時間

■新・図書館の実現予定日
2013年4月1日 運営開始

 千代田区立日比谷図書文化館も同様だが、図書館内で物品などの販売を行うことで運営事業者の収益にすることができる。基本的に利益構造のない図書館運営以外の収益源があることで、結果的に運営の委託費を抑える、もしくは、サービスの向上ができることになるというものだろう。このことは理解できるし、図書館はいつまでも旧態依然の無料の貸し本屋であるべきとは思っていないので期待が持てるものだ。他の図書館でも考えていくべきだと思う。

 一方でこのプレスリリースを読み気になったのは、図書の貸し出しにTカードを使うということだった。利用者がどのような本を借りているかの情報が事業者が分かると、利用者の好みなどが分かり物販などのセールスなどがしやすくなる。ネットなどでは常識的なシステムだが、これを公共図書館に入れてしまうことにならないか、との懸念だ。
 公共図書館の多くは、貸し出した本が返却された後、一定の期間後に借りた本などの情報は消去するようにされている。個人情報を保護するとの考えからだ。猟奇殺人を描いた映画『セブン』(Se7en)では、公共図書館の貸し出し記録から犯人を割り出すことが描かれていたが、何に使うかは別としても、貸し出し記録は重要な個人情報だ。公以外に情報が漏出してしまわないかと思えた。

 そこで、武雄市の担当者に確認したところ、詳細は今後だが、現状の図書貸し出しカードをベースとしており個人情報のことは考えているとのことだった。心配はなさそうだ。
 あるベテラン図書館員が言うには、図書館のカウンターにいれば、名前は分からないが(分からないようにしている)、どのような利用者がどのような本を好んでいるのかは分かってくる。その傾向を把握して選書を考えるとされていたことを考えると、民間事業者には何らかのメリットが生まれてくるのかもしれない。

 他に気になったのは選書。売れ筋の本を用意するのは民間は得意だと思うが、例え人気がなくとも、住民には役に立つ、役に立つであろうという情報がある本はそろえておく必要があるはずだ。それが公共図書館の役目のひとつでもあると思う。民間事業者に運営を任せることで選書が変わるのだろうか。
 また、CCCとしてどのような人材を配置するのか、もしくは、武雄市としてどのような人材を求める仕様書にするのかも気になる。本の貸し出しだけが図書館の業務ではないと思っているが、貸し出しだけで良いとなると、それこそ公共図書館の存在意義を考え直さなくてはならないはずだ。

 詳細は今後とのことだが、図書館のこれまでの概念が変わるかもしれない。実際の運営をみて判断しないとならないが、期待と少々の不安が交錯している。