大阪都構想は、大阪だけの問題ではない 

 大阪都構想が注目され、もしかすると早期に法律が成立するかもしれないという状況だ。大阪都構想はバラ色なのか。目指すのは何か。4月22日に開催された「マニフェスト大賞2012キックオフ・ミーティング in 横浜~激論! 大阪都構想とこれからの自治、議会のあり方~」(主催:ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟/2012マニフェスト大賞実行委員会)で大阪都構想を担当している総務省の新田一郎さん(自治行政局行政課行政企画官・大都市制度専門官)の講演を聞く限りでは、目指すことよりも、議会への影響のほうが気になってしまった。



■平成27年には大阪都ができる!?

 講演で新田さんは、まず、橋下大阪市長率いる大阪維新の会が主張する大阪都構想について説明されていた。先に顧問である上山信一応大学教授から聞いた内容とほぼ同じで、景気だけではなく大阪はいろいろな面で悪くなっている。これらのことを改革するには、普通は雇用問題や環境問題についての解決策になる政策を並べるが、その原因を統治機構が悪いと主張しているが特徴だとされていた。
 また、大阪都構想のスケジュールは、27年4月に大阪都に移行すると期限を定めているのも特徴。これは橋下市長の任期とも重なっており、そのために急いでいるようにもとらえられえている。横浜などでも特別市構想はあるが、スケジュールを出していないのとは違うとの話もあった。
 話を伺う限りでは、大阪都構想による自治制度を変更することで、何かが変わるのかもしれない、良くなるかも知れないなぁとは感じたが、具体的に何がどうなるか根拠を持って確信できるまだにはならなかった。二重行政の非効率は良くなると思うが、財源はいくらでも出てくると説明されていた民主党のマニフェストとどう違うのだろうとも思ってしまった。あくまでも、話を聞いた範囲なので、実際にはどうなるかは分からないのだが、さてさて、どうなのだろう。
 

■武蔵野市議会は4人の議員で十分!?

 この大阪都構想を踏まえた法案は、民主、自民・公明(両党の合意案)、みんなの党のぞれぞれで検討されている。講演でこの資料をいただいたが、どの程度の人口規模(70万~200万)で“都”(特別区、都の名称は違うが)になれるか。住民投票が必要か。国(総務省)の関わり方になど程度のは差あるものの、新たな自治制度が作れるという考え方は同じようだ。新田さんは、国会議員の7,8割は面白いと思っているようで国会議員には受けがいいとされていた。選挙に有利かどうかの判断基準もおそらくはあるだろうが、方向としては認められていくのだろう。

 しかし、法案の内容を聞いていると、マスコミなどでは伝えられていないこととして議会制度も課題となると思えた。それは、大阪都構想では大阪市をいくつかの区に分けて議員を選出することを想定しているが、一つの区に10人程度の議員による議会を考えているからだ。新田さんも人口数十万の自治体に議員が10人という議会はやったことがない。これが成功すると、他の自治体議会でも同じように少なくていいとなると指摘されていた。
 新田さんは、民主主義としては、議員が多いほうがいいはずだが、逆行することにならないか。諸外国と比較すると自治体議員に報酬のある、なしなどの違いはあるが、できるとなれば新たなタイプの議会ができることになるともされていた。

 30万人に10人の議員となると人口13万人の武蔵野市の場合、現在の26人ではなく3~4人でも十分との論理になってしまう。このことが議会としてどうなのかの論議も必要になりそうだ。

■東京都にも“都”ができる!?

 議会だけでなく、“都”を選択できる人口も考えさせられる。どのの党の案もひとつの自治体ではなく複数の自治体の数をあわせた数となっており、全国で“都”が誕生できることになるからだ。もし、大阪維新の会に近いというみんなの党案となると人口70万人から選択できることになり、東京で考えれば、八王子と日野市の人口をあわせれば“都”になれることになる。他の自治体も複数が集めれば可能になるという法案なのだ。

 もっとも、“都”になることで何が良くなるのかよく分からない。新田さんも大阪都になったとしても、全体の財政規模は変わらないのだから、との疑問を投げかけていた。

 大阪都構想という新たな制度だけを注視してしまうと他の課題が見えなくなる危険性もある、と思えた講演だった。自治体の規模は、人口を含めどの程度がいいのか。その議会の議員数は何人が適正なのかも考えなくてはならない。何よりも議会に求められているのは何か、現状の課題は何があり、だから“都”がいいとなれば分かりやすいのだが、現状では未知数が多いと思う。大阪都構想は、大阪だけの問題ではなく、他の自治体でも考えなくてはならないこと。ムードだけで考えるべきではないは確かだ。

daitoshi1daitoshi2