新八幡町コミセン 3ヶ月遅れで着工へ

 2月2日の市議会総務委員会で移転改築する八幡町コミュニティセンターの工事契約についての行政報告があった。報告によると、東日本大震災の影響による建設機材や資材の不足、人件費高騰などから入札による業者が決まらなかったが、外壁材やエレベーターの仕様を変更したことで入札による契約が決まった。入札の不調が続き、工事ができるか不安視する声があったが、当初予定の三ヶ月遅れで工事が行われることになる。
 今後、2月初旬に工事着工。24年10月末頃に建物が完成し11~12月に開設が予定されている。

【資料】
 八幡町コミュニティセンター移転改築工事請負契約の締結及び工期について