年金の試算

民主党マニフェストに記載されていた最低保証年金に必要な財源等について、公表しないとしていたが、藤村官房長官は党が公表すると発言。与党内での見解が異なっている印象を受けた。
そんなことよりも、人口を計算していけば、粗い数字でも財源は分かるはずではないか。現実を直視して、このようになるのだから改善する選択肢は、これとこれがあると国民に情報を公開することが必要だろう。民主党に求められていたのは、今まで明らかなになってこかなった情報が政権が変わることで明らかになり、国民が判断できるようになるとの期待もあったことを忘れていないかと思う。隠そうとすることがより墓穴を掘っていないか。と思うがどうなのだろう。