魚介類への放射能汚染対応  グリーンピースが大手スーパーのランキング公表

 国際NGO、グリーピースが、大手スーパー5社を対象に、魚介類商品の放射能汚染問題への取り組みについてのランキングを公表している。1位はイオン、2位がイトーヨーカドーとなっていた。



 ランキングは、グリーンピースがイオン、イトーヨーカドー、ユニー(アピタ)、ダイエー、西友の大手5社を対象に魚介類商品への放射能汚染への取り組みについてアンケート調査を行い、「仕入れ基準」「販売基準」「放射能測定体制」「消費者への情報提供」「政府への働きかけ」の5項目に分け、点数化したもの。

 結果は下記。

  1位 イオン
  2位 イトーヨーカドー
  3位 ダイエー
  4位 ユニー(アピタ)
  5位 西友

 イオンは、放射性物質の自主検査品目数の拡大や、政府が定める高すぎる暫定規制値にとらわれない独自の流通基準の導入をしていること。イトーヨーカドーは、サンマやカツオなど一部の魚介類商品について漁獲された水域を表示する取り組み開始していることが高得点につながっている。
 一方、西友は、自社が販売する魚介類商品の放射能情報の消費者への提供や、政府への対応強化の要請について、「必要ない」と回答。グリーンピースでは、『大手スーパーマーケット間での魚介類商品の放射能汚染問題に対する考え方が、二極化していることが明らかになりました』としている。

 さて、今夜の晩御飯、食材をスーパーで購入するとしたら、どうしましょうか。

 グリーンピースではまた、「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」という緊急オンライン署名も行っている。

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」