吉祥寺に新たな公園。平成27年に開設へ

 11月24日の市議会建設委員会に吉祥寺東町1丁目に武蔵野市土地開発公社が公園用地として約1700平米の土地を取得したとの行政報告があった。人口密度が高く商業地域でもある吉祥寺の東側は、オープンスペースが不足していたが、この公園整備によって『公園が不足している空白地域の解消』が期待されている。


より大きな地図で 吉祥寺東町1丁目公園予定地 を表示

 取得したのは、吉祥寺駅の北東400mに位置し五日市街道に面している土地。宮本小路への入り口となる場所だ。土地の相続が発生したことから地権者から相談をうけ、土地開発公社が購入することになった。
 今後は『既存のまとまった樹木と吉祥寺の賑わいとが調和する、商業地に近接する貴重なオープンスペースとして、市民がより快適で憩える空間となるよう整備する』(市の資料より)コンセプトのもと、平成24年度に地元住民を含めたワークショップを行い基本設計を作成。平成27年3月に使用を開始したいとしている。

行政報告資料はここ