長期計画答申案  保育園と学童は修正。旧西部図書館は大きく変わらず

 11月17日に武蔵野市第五期長期計画策定委員会が開かれ、答申案が協議された。この日が策定委員会の最終日となるため、今後、細かな修正はあるものの市長へ提出されることになる答申が決まったことになる。答申案を元に市長が議案として議会に提出される予定だ。
 まだ確定したのではないが、答申案を見ると、これまでの論点となっていた保育園と学童クラブについては修正が行われていたが、旧西部図書館については追記があるものの歴史資料館にするとの表記は変わっていなかった。

 答申案で修正されていたのは下記の項目。他も多くあるようだが、ざっと読んだ範囲で、これまで気になっていた箇所のみを記してみた。
 保育園については、新武蔵野方式が記載されたことで、市が独自に決めた保育の水準を保とうとの意思が出てきたことになる。学童クラブについては、全児童対策事業のあそべえとの一体化ではないことが明確になったと思える表記だ。
 一方で旧西部図書館は歴史資料館ありきになっていることが気になる。歴史資料館にすべきかどうかの議論が市民となされているのかが疑問だからだ。市民会館をどのようにするのかも、いまひとつ分からないような表記だった。ヒアリングなどで議論にはなっていなかったが、吉祥寺美術館にある音楽室の今後についての記載も気になるところだ。美術館運営を拡充するには音楽室の移転などを考えなくてはならないが存続を求める陳情が採択されているからだ。
 今後の議案、そして議会での議論が注目されることになりそうだ。

 
●は10月に公表された武蔵野市第五期長期計画(計画案)
○がこの日の答申案

———————————————–
基本施策1 子ども自身の育ちと子育て家庭への総合的支援
●(3)保育サービスの充実
保育園入園希望者は引き続き増加することが予想され、待機児童解消に向けた施策を推進するとともに、多様な保育ニーズへの対応を進める。公立保育園は、段階的に公益財団法人武蔵野市子ども協会(以下「子ども協会」という)へ設置・運営主体の変更を進めており、移管に伴って生じた課題を検証するとともに、5園移管後の公立保育園の担う役割、あり方について検討する。また、保育に対する適正な負担のあり方についての検討を行う。

 ↓

○保育園入園希望者は引き続き増加することが予想され、待機児童解消に向けた施策を推進するとともに、多様な保育ニーズへの対応を進める。公立保育園は、「新武蔵野方式による公立保育園の設置・運営主体変更に関する基本方針」に基づき段階的に公益財団法人武蔵野市子ども協会(以下「子ども協会」という)へ設置・運営主体の変更を進めている。移管に伴って生じた課題を検証するとともに、5園移管後に残る公立保育園の担う役割、あり方についても検討を行う。また、保育に関する費用負担とサービス利用のあり方についての検討を行う。
———————————————–

———————————————–
基本施策4 子ども・子育て家庭を支援する体制・施設の整備
(1)子育て支援実施体制の整備
●市と子ども協会との役割分担を明確にするとともに、互いに連携しながら子育て支援施策を充実していく。地域子ども館あそべえ事業と学童クラブ事業は子ども協会に委託し、その活動を検証するとともに、子どもの視点に立った放課後の居場所の核としての機能の充実・強化を図るため、「小学生の放課後施策推進協議会」と協議しながら、運営の一体化についても検討していく。

 ↓

○市と子ども協会との役割分担を明確にするとともに、互いに連携しながら子育て支援施策を充実していく。地域子ども館あそベえ事業と学童クラブ事業は運営主体の一体化による連携の強化と機能の充実を図るため、「小学生の放課後施策推進協議会」と協議しながら子ども協会への委託化を図る。また両事業の特色を踏まえながら、子どもの視点に立った放課後の居場所としてのより効果的な運営のあり方についても引き続き検討していく。
———————————————–

———————————————–

(3)文化施設の再整備
●市民文化の拠点である公共施設の中には、老朽化やバリアフリー等の課題を抱える施設や、他の施設と機能が重複している施設もあり、既存の役割、機能を勘案しつつ、総合的、計画的な観点から整備を推進していく。旧西部図書館は、市民が利用可能なスペースを備えた歴史資料館として再整備する。吉祥寺美術館の拡充の要否の検討を行う。武蔵野公会堂と市民会館については、圏域ごとの面的な施設配置の中で求められる役割や位置づけを検討する。

 ↓

○市民文化の拠点である公共施設の中には、老朽化やバリアフリー等の課題を抱える施設や、他の施設と機能が重複している施設もあり、既存の役割、機能を勘案しつつ、総合的、計画的な観点から整備を推進していく。旧西部図書館は、市民が利用可能なスペースを備えた歴史資料館として再整備することとし、その活用方法については今後、検討を進める。吉祥寺美術館の拡充の要否の検討を行う。武蔵野公会堂と市民会館については、圏域ごとの面的な施設配置の中で求められる役割や位置づけを検討する。
———————————————–

【参考】
武蔵野市第五期長期計画(計画案)
答申案はここ
政策の体系図が別にあるが本文となる部分のみ。委員会で配付された資料をスキャニングしたもの。正式な答申ではないのでご注意を。