武蔵野市が放射線測定器を市民へ貸し出しへ

 武蔵野市が、小型の空間放射線測定器を市民に貸し出すと発表した。民有地を測定したいとの市民からの要望に応えるもの。測定器はシンチレーション式で堀場製作所のPA-1000 Radi。2台を市が購入する。民有地の測定を想定しているため、測定して高い放射線が測定された場合は所有者が対応することが原則だが、市はどのように対応するかなどについては相談に応じたいとしている。詳細は、11月15日頃に決まる予定だ。

【参考】
武蔵野市  【原発】市民のかたへの測定器の貸出について