第6回マニフェスト大賞 グランプリ決まる

 11月4日にマニフェスト大賞の授賞式があり、注目のグランプリには、地方議会部門で民主党さいたま市議団、首長部門で葛西憲之青森県弘前市長が受賞した。また、今年創設された東日本大震災復興支援賞には、本田敏秋岩手県遠野市長が受賞した。

 マニフェスト大賞は、今年で6回目。ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟などによる実行委員会が主催している。今年度は、過去最多の1340団体1670件のなかからマニフェスト大賞、成果賞、政策提言賞、コミュニケーション賞、マニフェスト推進賞、グッドマニフェスト賞、東日本大震災復興支援賞の各部門で優秀賞が選ばれ、そのなかから最優秀長とグランプリが選ばれるもの。4日は最優秀賞とグランプリ、審査員特別賞が発表された。

 受賞した議会などは公式サイトや報道をご参照ください。

 また、東日本大震災復興支援賞を受賞した本田市長は、「受賞の報に、活動を支えた市民や団体、東京都武蔵野市や静岡県など多くの自治体に感謝する。」と述べている(毎日新聞 2011年11月5日 東京朝刊)

 地方議会不要論もあり、とかく批判がある地方議会。新聞記事になることといえば、議員の不祥事か定数削減だけとも言われている。そのようななか、地道に政策集団として活動してきたことが評価され、栄誉が与えられたのがこの賞だと思う。私は実行委員でもあるので、手前味噌になってしまうかもしれないが、がんばっている地方議会、議員は少なからずいることでもあると思う。武蔵野市議会も含めて、より多くの地方議会、議員による善政競争がさらに進むことを願い、また、自分でも進めたいと思う。

 

【参考】
第6回マニフェスト大賞各最優秀賞などの発表資料

毎日新聞 マニフェスト大賞:応募過去最多、受賞者決まる

■第6回マニフェスト大賞 最優秀賞
≪首長部門 マニフェスト大賞≫
葛西憲之(青森県弘前市長)

≪地方議会部門 マニフェスト大賞≫
民主党さいたま市議団(埼玉県さいたま市議会)

≪最優秀成果賞≫
新潟県上越市議会
 (審査委員会特別賞)長野県飯綱町議会

≪最優秀政策提言賞≫
室谷弘幸(石川県加賀市議会)

≪最優秀コミュニケーション賞≫
インターネットテレビ「日の出TV」
 (審査委員会特別賞) 三重県伊賀市議会

≪最優秀マニフェスト推進賞≫
市民によるマニフェスト検証大会実行委員会
  (審査委員会特別賞)埼玉大学教育学部付属中学校 清水利浩教諭

≪グッド・マニフェスト賞≫
みんなの党神奈川県議会議員団(神奈川県議会)
 (審査委員会特別賞)自由民主党横浜市支部連合会(神奈川県横浜市会)

≪東日本大震災復興支援賞≫
本田敏秋(岩手県遠野市長)
 (審査委員会特別賞)戸田善規(兵庫県多可町長)

≪審査委員会特別賞(秋吉久美子選)≫
全国青年市長会(会長 四国中央市長 井原巧)

≪審査委員会特別賞(箭内道彦選)≫
アルピニスト野口健、芹澤勤(長野県小諸市長)

■部門優秀賞(この中から上記の最優秀賞が決まった)

●地方議会部門

≪マニフェスト大賞優秀賞≫
◇みさわ未来(青森県三沢市議会)
「市民と協働し会派マニフェスト『みさわドリームプラン』を作成」

◇民主党さいたま市議団(埼玉県さいたま市議会)
「会派マニフェスト検証大会の開催 内部検証・外部評価の実施」

◇新政会(静岡県静岡市議会)
「市長誕生に向けた『政策協定』とマニフェスト実行・総合計画との整合性、その比較」

◇青空市民クラブ(岡山県倉敷市議会)
「会派マニフェスト検証の継続とマニフェスト内容に基づく一般質問・視察等の実施」

≪優秀成果賞≫
◇福島県会津若松市議会
「会津若松市議会政策形成サイクルの構築と拡張」

◇新潟県上越市議会
「議員提案による『中山間地域振興基本条例』の制定」

◇長野県飯綱町議会
「『政策サポーター制度』の新設と政策提言書の提出」

◇大分県大分市議会
「議員提案による『大分市子ども条例』の制定」

◇自由民主党神奈川県議会議員団政務調査会(神奈川県議会)
「『タンデムマス法による新生児マス・スクリーニング検査の実施拡大』の横展開と縦展開」

◇千葉県柏市議会超党派
「超党派の議員提案による『命を守る2条例』の制定」

≪優秀政策提言賞≫
◇室谷弘幸(石川県加賀市議会)
「公共施設修繕台帳の作成及び施設仕分けの提案」

◇岡村精二(山口県議会)
「仮設住宅のリサイクル化と早期設置型組立て式「支援ハウス」の提案」

◇園田裕史(長崎県大村市議会)
「自殺予防に対する独立窓口と24時間電話相談体制の整備について」

◇下川寛(熊本県熊本市議会)
「目的指定納税制度の提案」

◇NO!選挙カー推進ネットワーク
「選挙カーを使わない時代にあった選挙手法の提案」

≪優秀コミュニケーション賞≫
◇三重県鳥羽市議会
「インターネットを中心にあらゆる媒体を活用し議会の『見える化』を推進」

◇三重県伊賀市議会
「伊賀流議会報告会―議会報告会から政策提言へ―」

◇インターネットテレビ「日の出TV」
「日本初!地方・国政政治家によるネットテレビ局」

◇山中基充(埼玉県鶴ケ島市議会)
「議員個人による委員会のインターネット中継 議会応援団twitterの運営」

◇松島完(長崎県議会)
「科学的アンケート手法とマニフェスト通信簿による県民とのコミュニケーション」

●市民部門

≪優秀マニフェスト推進賞≫
◇埼玉大学教育学部付属中学校 清水利浩教諭
「模擬選挙や論理的な選挙公約の作成、政策討論会などを学習の場において実施」

◇玉川学園K-12社会・地歴・公民科
 「『つながる』『つなげる』模擬選挙~2011統一地方選模擬<都知事>選挙の実践」

◇ボイス・オブはだの市民会議
「市民・地域が『協働・連携』し秦野市総合計画案を作成」

◇牧之原市自治基本条例を育てる会
「牧之原市自治基本条例から始まる市民協働によるマニフェスト・サイクル」

◇市民によるマニフェスト検証大会実行委員会
「滋賀県草津市におけるマニフェスト型公開討論会・検証大会の開催継続」

≪グッド・マニフェスト優秀賞≫
◇民主党山形県総支部連合会(山形県議会)
「ローカルマニフェスト2011『やまがた未来コンパス』」

◇自由民主党横浜市支部連合会(神奈川県横浜市会)
「manifesto 2011 LDP Yokohama 責任と約束。」

◇みんなの党神奈川県議会議員団(神奈川県議会)
「みんなの党神奈川県議会議員団 公約集」

◇横尾俊成(東京都港区議会)
「港区をよくする20のアイディア」

◇神山玄太(山梨県甲府市議会)
「僕らの甲府 まちづくり宣言。」

●首長部門

≪マニフェスト大賞優秀賞≫
◇葛西憲之(青森県弘前市長)
「子ども達の笑顔あふれる弘前づくり」

◇小林常良(神奈川県厚木市長)
「改革を止めるな。100の政策 改革マニフェスト」

◇山中光茂(三重県松阪市長)
「『まっさか』を、変えなあかん。山中光茂のマニフェスト」

◇古川康(佐賀県知事)
「古川康マニフェスト2011 7つの約束 ~『今日より明日を。』~」

◇山本孝二(熊本県御船町長)
「共に創る『共創』のまち御船町」

●共通部門

≪東日本大震災復興支援優秀賞≫
◇本田敏秋(岩手県遠野市長)
「ボランティア団体の後方支援基地として、被災地のニーズに応じた復興支援を継続」

◇戸田善規(兵庫県多可町長)
「フェイスブックでの町長交流、功を奏す いち早く、救援物資を被災地へ届ける」

◇アルピニスト野口健、芹沢勤(長野県小諸市長)
「小諸市環境大使・アルピニスト野口健との『民と官との協働支援』」

◇東日本大震災救援野菜ボランティア実行委員会・市民クラブ(岩手県奥州市議会)
「市民と会派が協力し仮設住宅へ新鮮な野菜を届けるボランティアを継続」

◇みんなでつくる震災被災者支援情報サイト
「全国の自治体職員等が協力し震災被災者用情報サイトを運営」