またかの民主党代表選挙

次期首相となる民主党代表選挙が行われる、らしい。しかし、あいも変わらず国会議員だけで決めることになりそうだ。民主党でも自民党でも同じだと思うが、今の最大の課題は、政治不信、国会不信だ。払拭できる人が代表になるのだろうか。



結局、数合わせで決まり、決まった後は足の引っ張りあい…、となってしまわないだろうか。何よりも菅首相と何がどう変わるのか、変えられるのかも分からない。

これからの日本をどうすべきか、の論争をまずはして欲しい。というより、しなくてはならないと思う。小沢さんがどうしたとか前首相が何か言っているなんて次元の話はもうやめて欲しい。地方議員を含め多くの民主党員の思い、願いを無視して決める以上、せめて日本の未来を自分であれば、こうする、したいという理念、夢を見せて欲しい。何よりも、国民の多くが民主党をどう見ているか、どう変えるのかも、争点にすべきだろう。代表選挙はオモチャじゃないのだ。
国会議員には自己利益で判断しないで欲しい。と思うが、無い物ねだりだろうか。