武蔵野市が市内の子ども施設の放射線測定開始

 武蔵野市内の子ども施設を中心に武蔵野市が独自に空間放射線量の測定を始めた。測定の対象としているのは、保育園、幼稚園、小学校、公園など子ども関連施設の70箇所。8月3日から10日間をかけて測定する予定だ。測定結果は市のサイトで公表されている。

 市のサイトで公開されている8月3日の結果は下記。
 単位は、毎時マイクロシーベルト。左側の数値が地表から高さ5cmでの測定結果。右側が高さ100cmでの測定結果。

(8月3日)
本田北公園(吉祥寺東町1-15)…… 0.08/0.07
松籟公園(吉祥寺東町4-3)…………0.06/0.06
吉祥寺南公園(吉祥寺南町1-6)……0.07/0.07
東部公園(吉祥寺南町3-41)…………0.06/0.05
北町こども広場(吉祥寺北町2-13)……0.08/0.07
第2かえで公園(吉祥寺北町4-2)……0.09/0.08
吉祥寺公園(吉祥寺本町1-34)…… 0.08/0.08

 この数値を見る限りでは、極端に高いとはいえないと思う。測定器は日立アロカメディカル製のTCS-172B(シンチレーション式)。

 今回の測定は、7月の末に測定器が市に納入されたことで始めることができたもの。市の職員が研修を受けて測定する。

 やっと始めたか、との思いもあるが、測定器がないことにはできなかったのも確か。今後、市民の不安に応えられるようにきめ細かい測定と“もしも”の場合への迅速な対応に期待したい。

【参考】
武蔵野市 【原発】市内の放射線測定結果(拡充しました)