【案内】マニフェストサミット ~地方議会の役割を問い直そう&河野太郎氏にエネルギー政策を聞く~

 ローカルマニフェスト推進議員連盟主催による2011マニフェスト・サミットのご案内です。
 地方議員、議会による議会改革の先進事例のほか、北川正恭早稲田大学大学院教授(元三重県知事)による講演、「(仮)マニフェスト型政治で地域から日本のつくり直しを」、河野太郎氏(自民党衆議院議員)による特別講演「日本のエネルギー政策を考える ~地方議会の役割とは~」などがあります。また、スマートフォンを活用した議会改革た50の具体的な議会改革の提案、六本木ヒルズの自家発電装置視察など内容は盛りだくさん。
 ぜひ、ご参加を。


****************(以下、転載歓迎)****************

全国の先進事例を集結!~いまこそ地方議会の役割を問い直そう~

   【2011マニフェスト・サミットのご案内】

 今年3月11日の東日本大震災を受け、地方議会に何ができるのかが、改めて問われています。発足7年目を迎えたローカル・マニフェスト推進地方議員連盟では政策提案・実現型の地方議会を目指すべく、今年も「マニフェスト・サミット」を開催いたします。

 顧問の北川正恭氏や、国会議員、専門家などの講演のほか、エネルギー政策に関する条例制定、会派の条例マニフェスト、ICTを活用した議会改革、専門的知見の活用、民間企業とのコラボレーションなど、全国の地方議会の先進事例を集結し地方議員のさらなる向上を目指します。

 2日目の午後には、民間企業を現地視察し自家発電装置などの先進技術見学や講義などを盛り込みました。

 また、8月下旬には、岩手県沿岸を訪れ(別途開催)被災地で現地議員と地方議会の役割について議論します。

 ぜひ、皆様お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

■日程 7月31日(日)~8月1日(月)

■場所 毎日新聞社毎日ホール
 (東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビルB1/東西線 竹橋駅直結)

■対象 ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟会員
    (現職地方議員ほか 先着150名様。当日入会可)

■スケジュール ※変更の可能性があります
 【7月31日(日)】
 14:00~14:20
  基調講演
  「(仮)マニフェスト型政治で地域から日本のつくり直しを」
   北川正恭(早稲田大学大学院教授)
  東日本大震災や、昨今の国政の停滞・混乱を受けて地域からどう日本をつくり直していくか、北川正恭氏が語ります。

 14:20~15:20
  パネルディスカッション
   「ズバッと斬る!地方議会 ~政策提案型議員の挑戦~ 」
 コーディネーター:金井辰樹氏(TBSテレビ「朝ズバ」出演/東京新聞政治部)
  パネラー
   北川正恭早稲田大学大学院教授
   伊藤悠東京都議会議員
   黒川勝横浜市会議員
   佐藤邦夫奥州市議会議員

 朝ズバでお馴染みの金井辰樹氏をコーディネーターにお呼びし都議会で約20年ぶりの議員提案条例「省エネ条例」の成立に携わった伊藤悠氏統一地方選で8本の条例制定を謳った会派マニフェストを提唱した黒川勝氏早くから地産地消条例を制定し被災地のボランティア活動に励む佐藤邦夫氏が、都道府県・政令市・一般市の異なる立場から地方議会での取り組みを語ります。

 15:30~16:30
  特別講演「日本のエネルギー政策を考える ~地方議会の役割とは~ 」
   河野太郎氏(自民党衆議院議員)

 原発をはじめとした日本のエネルギー政策に詳しい河野太郎氏に未来のエネルギー政策と地方議会の役割について話を伺います。

 16:30~17:30
  デモンストレーション/第5回マニフェスト大賞最優秀成果賞受賞記念
  「(仮)スマートフォンを活用した電子採決 ~ICTによる議会改革の可能性~ 」

  村上文洋氏(三菱総合研究所地域経営研究本部副本部長)
  松野豊氏(流山市議会議員)
  NTTドコモ

 スマートフォンによる電子採決などICT化に向けた取り組みが高く評価され昨年のマニフェスト大賞で最優秀成果賞を受賞した流山市議会。松野豊氏が議会での経緯や課題について語るとともに、村上文洋氏に専門的知見の活用の立場から話を伺います。
 また、NTTドコモにご協力いただき、会場でスマートフォンによる電子採決のデモンストレーションを行います。

 【8月1日(月)】
 
 10:00~10:30
  講演/第5回マニフェスト大賞最優秀政策提言賞受賞記念
   「議会改革の処方箋 ~議会改革50の提案~ 」
     菅原直敏氏(神奈川県議会議員)

 1000以上の自治体議会を独自調査し、50の項目からなる議会改革を冊子にまとめ、昨年のマニフェスト大賞で最優秀政策提言賞を受賞した菅原直敏氏にその取り組みについて話を伺います。

 10:30~11:30
  講演「マニフェストの停滞感と進化 ~マニフェスト大賞に期待すること~ 」
   藤森克彦氏(みずほ情報総研社会保障藤森クラスター主席研究員)

 第1回からマニフェスト大賞の審査委員を務める藤森克彦氏にマニフェストへの国民の不信感と財源問題、マニフェストの進化と可能性地域に密着しているからこそ考えられる政策アイデアなど専門家の視点からマニフェストについて話を伺います。

 11:30~12:00
  プレゼンテーション
  「(仮)ITを活用した復興支援、防災・省エネの事例紹介」
   NTTデータ

 マニフェスト大賞の協賛企業であるNTTデータから震災後の大きなテーマである復興支援、防災・省エネについて全国の民間企業と自治体との連携などについて事例をお聞きします。

 14:10~16:45
  特別視察
 「六本木ヒルズ森タワー自家発電装置&都市模型視察と特別講演『復興への提案』」
    講師:河野雄一郎氏(森ビル株式会社取締役常務執行役員)

 自家発電システムを持ち震災後も影響を受けず、東電に電力供給を行った森ビル。現地で視察を行うとともに目指す都市の姿や復興について河野雄一郎氏に話を伺います。

 【ご注意】
 今回は特別に自家発電装置を公開していただきました。
 ※先着50名様限定です。
 ※事前登録が必要なため、7月22日までに必ずお申し込みをお願いします。
 ※自家発電装置の撮影は禁止です。なお、自家発電装置がある場所は、相当暑く危険な箇所もありますのでご注意ください。

 詳細スケジュールは下記の通りです。

  14:10 六本木ヒルズ森タワーロビー階集合(受付)
  14:30~ 六本木エネルギーサービス㈱ 自家発電装置視察 (六本木ヒルズ森タワーB6)  15:45~ 取締役常務執行役員 河野雄一郎氏による東日本大震災復興へのご講演および都市模型視察 (六本木ヒルズ森タワー36階)

  16:45 解散

 ■参加費
  会員:5,000円、非会員:10,000円
   ※新年度会費も同日、受け付けます
   ※非会員の方は、当日入会することが可能です

 ■お申込み
 下記webフォーマットより送信ください
http://www.local-manifesto.jp/gikaigiin/event/index.html
※お申込み期限は7月22日(金)です

 詳細・問合せは、ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟のサイトへ