子どもたちを放射能から守るネットワーク

 子どもたちを放射能の被害から守るために保護者などによる新たなネットワークが立ち上がってきている。例えば、『NO!放射能「東京連合こども守る会」』だ。現在、武蔵野市の団体も含めて都内の28団体が登録されている。また、別団体だが全国ネットワークを新たに作ろうとのミーティングも7月12日に行われることになった。


 NO!放射能「東京連合こども守る会」は、市民による合同の放射線量測定会や放射能汚染除染会を実施しているNO!放射能「江東こども守る会が声をかけて 6月12日に正式発足したもの。

 また、全国ネットワークの設立についての案内は下記(私は都合で参加できそうにありません(^_^; ))

 自治体の対応に差が出ているのが現状だが、自治体を待っていらないとの思いも強いのだと思う。このような動きは歓迎したい。ご参考まで。

*****************************************************

子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク(子ども全国ネット)主催
キックオフミーティング 『わたしたちは、いま、子どもたちを守りたい!』

 今、全国各地でお母さん、お父さんを中心とした子どもたちを放射能から守ろうという動きが活発です。いのちを守るのは緊急を要することなのに、一向に動かない政府、自治体、学校、園に対して、これまで声をあげてこなかった人までが、「子どもたちを守りたい」一心で声をあげています。

 その声を全国に広げ、福島、東北から関東、そして全国の子どもたちのいのちと健康を放射能汚染から守るために、わたしたちは「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」を立ち上げます。福島で支援に奔走している「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」への連携をはじめ、全国の個人団体のアクションを支えたいと願っています。ひとりで不安に悩む人も、仲間をつくってつながりながら、ひとりひとりが声を上げ、団体間の連携がとれるような、そんなきっかけになればと呼びかけました。

 「子どもを守りたい、というその思いは、まさに『愛』です。愛は放射能に負けません。ベラルーシでもそうでした。そして、それはひとりひとりが胸の内に必ず持っているのです。」と野呂美加さんは語っています。

子どもたちを守る……その熱い思いで集まってくださるみなさまを心からお待ちしています。

●日時  2011年7月12日(火)13:30~16:00(13:00開場)

[1] つたえよう 会場から個人団体によるトークをつなげていきます。子ども福島ネットの丸森あやさん、福島のお母さんも参加予定です。

[2] であおう 放射線量の測定や給食の食材などのテーマごと、また地域ごとに分かれて会場内で集いましょう。ひとり参加の人にも出会いがありますように。

[3] つながろう 最後に、各グループから発言してもらい、参加者でシェアし合いましょう。全国に広がるうねりをつくる第一歩をここに記すために…。

●会場  全電通労働会館 東京都千代田区神田駿河台3-6
(地下鉄千代田線新御茶ノ水駅B3出口より徒歩1分) >> 地図はこちら
●参加費 500円 ※当日払い
参加費は、当日福島からお呼びする方たちの交通費およびキックオフイベント会場費とさせていただきます。

●定員 420名(先着順)

●お申し込み方法
みみをすます書店のサイトへ