旧五宿踏み切りに横断歩道設置へ

gosyuku 4月1日からJR中央線の高架下に暫定駐輪場が整備されることにともない横断歩道が設置されることになった。
 議会に示された資料によると、場所は、JR中央線武蔵境駅の三鷹駅よりの五宿踏み切りがあったところ。4月1日から五宿踏切があった箇所から三鷹駅よりの高架下に暫定駐輪場が開設されることになり駐輪場への出入りの人も増えるへの対応として行うもの。信号の設置も望まれていることから、現在、市は警察と協議中としている。
 また、日本獣医生命科学大学前の交差点にも信号の設置を望む意見があるが、ここも設置ができるよう市と警察で協議中としている。

 横断歩道が設置されるところは、鉄道が高架になるまでは、踏み切りの遮断機が下りている間に人が横断していたが、高架が完成したことで車両が止まることが少なくなり横断歩道がなく信号もないことから危険性が議会でも指摘されていた場所だ。信号が設置されるのを待つのではなく、まずできることを行ったことになり評価したい。

 駐輪場の出入り口には朝夕(7~9時、17~19時)、4月のみだが注意喚起のために誘導員も配置される。

 画像は、議員に配布された資料から横断歩道が設置される箇所の図面。左側が武蔵境駅。右が三鷹駅方向