燃料入手できずムーバス運休へ

<23日から再開>

「東北地方太平洋沖地震」の影響により燃料調達の困難が原因で平成23年3月17日(木)始発より当分の間一部区間のムーバスを運行すると武蔵野市のホームページに掲載されている。運行時間の変更が行われる路線もある。運休期間は燃料が確保できるまでの当分の間。運行が続けられる区間でも燃料確保ができなくなれば運休になりそうだ。


 
●運休路線
3号路線 「境南・西循環」
5号路線 「境西循環」
5号路線 「境・東小金井線」
7号路線 「境・三鷹循環」

●運行時間変更路線(運行短縮)
3号路線 「境南・東循環」(日赤病院への路線・土日は休み)

●通常運行する区間
1号路線  「吉祥寺東循環」
2号路線 「吉祥寺北西循環」
4号路線 「三鷹駅北西循環」
6号路線 「三鷹・吉祥寺循環」

燃料入手が困難になったことでの影響では、ホワイトイーグルの運行が、昨日は三台体制から二台体制になり、一組は自転車でパトロールしたこと(今日は入手できたので三台体制)や学校給食への食材納入業者のトラック燃料がないため一部食材が入ってこない可能性もでてきている。ごみ収集は、収集車の燃料がCNG(天然ガス)であるため影響はないが、資源ごみの回収を行っている民間業者に支障がでることが予想されている。

また、被災地への支援物資を武蔵野市が調達したもののトラックの燃料が入手できないことで運ぶことができないことがおきている。

不必要な燃料の買占めは慎むべきだ。