東北地方太平洋沖地震への武蔵野市の対応

 

市議会の本会議が開催され東北地方太平洋沖地震への武蔵野市の対応が報告された。市内ではブロック塀が11箇所倒壊し瓦が数箇所落ちたとの報告だった。詳しくは議会に提出された資料をご覧ください。現時点で停電が予想される地域も記載されている。ただし、東京電力からの情報も逐一ではないようで全てが確実なものではないのでご注意を。

 また、停電になるとマンションなどで水道の供給ができなくなる可能性がある。武蔵野市では直結給水を行っているので三階程度までは水道が水道局から届くが、それ以上は電気で汲み上げるためだ。屋上などの給水タンクの水がなくなった時点で水道がでなくなるかもしれない。

地震対応_ページ_1
地震対応_ページ_2

地震対応_ページ_4

地震対応_ページ_3