岡田幹事長/記者会見要旨 2/3

(「党改革検討本部」、大相撲の八百長疑惑、新日本製鉄と住友金属の経営統合など)


岡田克也幹事長/記者会見要旨
2011年2月3日(木)16時01分~16時50分
編集・発行/民主党幹事長室

★会見の模様を以下のURLで配信しています。http://asx.pod.tv/dpj/free
/2011/20110203okada.asxhttp://www.ustream.tv/channel/dpj-channel
************************************************************
■冒頭発言
○「党改革検討本部」の初会合について
○本日の臨時役員会について
○大相撲の八百長疑惑について
○新日本製鉄と住友金属の経営統合について
■質疑
○本日の臨時役員会について
○産業界の再編について
○愛知県知事選挙、名古屋市長選挙について
○北方領土における外国企業の活動について
○年金改革の議論について
○予算委員会の論戦について
○マニフェストの検証について
○大相撲の八百長疑惑について
○東京都知事選の候補者擁立について
○党改革検討本部について
○「竹島の日」記念式典について
○国会対策委員会について
○財政健全化責任法案について
○三重県知事選について
○予算関連法案の修正協議の場について
************************************************************
■冒頭発言

○「党改革検討本部」の初会合について

【幹事長】先ほど、党改革検討本部の第1回を開催いたしました。今年の夏まで
にという前提で3つの委員会を立ち上げて、規約の改正、綱領、あるいは代表選
のあり方についてしっかり議論して、結論を出していきたいと思います。
 夏までにと申し上げたのは、いずれもこれは党大会でご承認をいただく話であ
りますので、まとまれば、夏ごろに臨時党大会を開くのかなということで申し上
げたところであります。実際のタイミングはもう少し早く議論を集約していかな
ければいけないと思っております。

○本日の臨時役員会について

【幹事長】それから今日、臨時の役員会を開きまして、小沢元代表の件で議論を
いたしました。議論したというか、少し私のほうで党規約や党倫理規則について
の説明を、確認のため行いまして、そのうえでいくつかの論点についてお話を
し、皆さんからご意見をいただいたということであります。
 私からは、まず過去の事例について口頭で簡単に申し上げました。一つは、ご
本人が逮捕・起訴された場合というのは、いくつかわが党でもあります。それに
ついてどういう対応をしたかということを簡単に説明いたしました。それからも
う一つは、ご本人ではなくて秘書が逮捕・起訴された場合、これはわが党では事
例は2つ、鹿野道彦さんの場合と鳩山由紀夫さんの場合であります。ただ、他党
ということでは、加藤紘一さんとかいくつか例があります。大きく言って、ご本
人の場合、それから秘書の場合について、簡単にご説明いたしました。
 2番目は、国会での説明がいまだにされていないことについて、政倫審で説明
が望ましいということを、そして場合によっては決議をしてでも、ということを
役員会で決めた、あるいは菅代表(総理)が1時間以上にわたって説得した、そ
ういう中でいまだ説明がなされていないことをどう考えるか。
 3番目は、強制起訴の性格をどう考えるべきかと。
 こういった論点について、ぜひご議論いただきたいということで、かなり活発
な意見がありました。ただ、時間的には非常に限られた時間でありますので、引
き続き、来週月曜日に定例の役員会の場でより深い議論をしていきたいと思います。
 なお、いろいろメディアの皆さんには報じていただいておりますが、私が今ま
で申し上げてきたことは、期限を特に私は定めていないと。少なくともそういう
ことを今言うつもりはないということ。しかし、いつまでも時間をかけていいと
は思わない、
というのが私の今までの発言であります。そういう発言を踏まえて、皆さんそれ
ぞれ記事にしておられますが、ちょっと私、首をかしげるような記事もあること
は申し上げておきたいと思います。

○大相撲の八百長疑惑について

【幹事長】大相撲の話が、また今日の夕刊でも報じられておりますが、八百長を
認める、という事実が出てまいりました。これはやはり相当な危機感を持って、
人々に、子どもも含めて夢と希望を与えてきた相撲が八百長であったということ
になれば、これは、相撲そのものが問われる、そういう話であります。ぜひ関係
者の皆さんは真剣に受け止めて、そして厳正なる対応をしていただきたいと思い
ます。「相撲道」という名前に恥じないような、きちんとした対応が求められる
と思います。

○新日本製鉄と住友金属の統合について

【幹事長】4番目に、先ほどのニュースで新日本製鉄と住友金属の経営統合が報
じられております。4時半に両社の社長が会見されるということですので、そう
いう報道はおそらく事実だろうと思います。
 「もしそれが事実であれば」という前提で、4時半というと途中で事実かどう
か明らかになると思いますが、申し上げますと、これは成長戦略を考えるうえ
で、非常に重要な意思決定がなされたと私は受け止めております。久しぶりに元
気の出る話だと思っております。
 もちろんこれから、おそらく公正取引委員会において独禁法上問題があるかど
うかについて議論が行われるのだろうと思います。それは厳正なる審査という
か、そういったことが行われることは必要だと思います。
 ただ、八幡・富士が合併したときにもこれはずいぶん様々な議論がありまし
た。ただ、あのときには世界一の鉄鋼会社ができるということだったと思いま
す。今は残念ながら、おそらく合併しても、規模でいえばベスト5に入るか入ら
ないかという状況だと思います。そもそも市場がグローバル化していることも考
えていかなければいけない。そう受け止めております。そういったことも含め
て、しっかりとした議論がなされることを望みたいと思っております。

■質疑

○本日の臨時役員会について

【毎日新聞・野口記者】(本日の)臨時役員会で活発な議論が行われたというこ
とで、小沢さんの処分について、強制起訴を受けてするべきだという意見と、慎
重な意見と、両方あったと思うが、具体的にどういった意見が出されたのか。

【幹事長】今日は1回目ですから、自由に意見を言っていただいたということ
で、誰が何を言ったかというのは言うべきではありません。これは中の会議です
から。まずは皆さんが意見を言われたということで、それが最終的なものだとは
思っておりませんし、これから集約していかなければいけませんので、途中の段
階で何か言うことはありません。必ずしっかりまとまると確信しております。

【読売新聞・中島記者】幹事長が示された論点について、過去の事例はともかく
として、強制起訴の性格と国会での説明がなされていないことについては、幹事
長の考え方は示されたのか。

【幹事長】申し上げておりません。

【NHK・広内記者】役員会の議論を踏まえて、何かしら決定する前には、幹事
長なりどなたか執行部の人が小沢さんに会われる予定はあるのか。
【幹事長】現時点では特にありません。「お会いすべきだ」という意見はありま
す。もちろん、これは相手のある話ですから、そういったこともこれから確認し
ていかなければいけないと思います。私自身は、前から申し上げておりますよう
に、いつでもお会いして話をする用意があるということです。

【朝日新聞・南記者】今日の役員会では小沢元代表の処分について「長期化する
のは好ましくない」という意見は出たか。

【幹事長】中身は申し上げません。いろいろな意見がありました。ただ私は、や
たら時間をかけていいものではないと考えております。

【共同通信・中久木記者】議論の進め方として、役員会での議論が収斂していく
のを待つのか、あるいは意見が出そろったところで幹事長が引き取るのか、やり
方はどうされていくのか。

【幹事長】それは、やってみないとわかりませんね。それを今から縛るつもりは
ありません。ただ、今まで役員会でいろんな意見を交換しながら、12月にも一
つにまとまったということがあります。私は、議論を尽くしていけば必ずまとま
ると思っております。

【日刊ゲンダイ・小塚記者】確認だが、処分をするという前提で議論されるの
か、それとも処分をしないこともあり得るという可能性も入れて議論しておられ
るのか。

【幹事長】処分・措置の必要性について議論しているのであって、何か特定の前
提を置いているわけではありません。処分・措置を行うことに関して議論してい
るということですから、特定の前提を置いて、そういったものが必要であると
か、そういった前提で議論しているものではありません。

【北海道新聞・舟崎記者】基本的なことの確認で申しわけないが、今回、具体的
に小沢さんの何について処分・措置の対象にされているのか。

【幹事長】そのことについても議論していくということです。ですから、強制起
訴があったということは、これは議論の対象になっているわけですが、それ以外
に、秘書が逮捕されたことをどう考えるかと。それから、先ほど言いましたよう
に、国会での説明を党として求めていることに対して、それがなされていないこ
と、そういったことを議論の対象に含めるかどうかを含めて、議論していくとい
うことです。

【北海道新聞・舟崎記者】政倫審に今まで出てこられていないというお話だが、
1月下旬の与野党幹事長会談で岡田幹事長は野党に対して、「小沢さんは決して
政倫審に出ないとは言っていない」という発言をされている以上、出ていないと
いうのは、現時点ではそうですけれども、決して「出ない」とは言っていない。
時期的に出ていないのは事実だが、出ていないということでもし処分の対象にす
るとしたら、ちょっと違和感を感じるが。

【幹事長】早期に出ていただきたいと思ってまいりました。あの時点で、幹事長
会議をやった時点から(後に)強制起訴があり、強制起訴後の記者のぶら下がり
で、「出ない」というに等しいことを言われたのではないかと思っております。
そこの解釈も分かれるかもしれません。

【毎日新聞・野口記者】この問題の最初に、2年前に小沢元代表の秘書の大久保
さんが逮捕されたときに、第三者委員会が報告書をまとめた。その報告というの
を幹事長、覚えていらっしゃるか。

【幹事長】大久保さんの逮捕のときの第三者委員会の報告書、中身は私、記憶し
ておりません。

【毎日新聞・野口記者】その中に、民主党の危機管理の対応について問題があっ
たと。政治家個人と党首の立場を切り離せずに事態の悪化につながった、という
のがあるのだけれども……。

【幹事長】思い出しました、はい。

【毎日新聞・野口記者】今回も同じような問題だと思った。小沢さん個人の問題
を民主党全体の問題と考えるのかと。そういった同じような論点だと思うが、そ
のときの報告書のそういった指摘、今改めてどのようにお感じになっているか。

【幹事長】私の記憶では、そのときの報告書は党首が当事者であるということ
で、いろいろな議論が円滑になされなかったことを指摘したものだと思います。
ですから今回とは違うと思います。

【産経新聞・宮下記者】今後、処分の必要性の有無を議論していくということだ
が……。

【幹事長】処分・措置ね。

【産経新聞・宮下記者】処分・措置ですね。世論調査等では「議員辞職」「離
党」が望ましいという意見が多いが、こういった国民世論も考慮に入ってくるのか。

【幹事長】いろんなことを考えるべきだという意見はあります。しかし私は、こ
れは純粋に法の適用と同じことなので、客観的に今の倫理規則、党の中の、そう
いったものに照らしてどうかということを考えていけばいいと思います。

【朝日新聞・南記者】確認ですが、幹事長が冒頭に、秘書が逮捕・起訴された
ケースについて民主党で2例があって、自民党では加藤紘一さんの例があると
おっしゃったが、今日の役員会でも加藤紘一さんの例はご紹介されたのか。

【幹事長】名前は言いました。中身は説明していません、全く今日は。もう一
人、井上(裕)さんでしたっけ、参議院議長がありましたよね。

【読売新聞・中島記者】今後の議論の進め方だが、毎週ある定例の役員会で議論
していく以外に、臨時の役員会を開いたりするのか。

【幹事長】それは必要に応じて考えます。

○産業界の再編について

【ブルームバーグニュース・廣川記者】新日鉄と住友金属の件をコメントされた
が、日本の産業界、特に家電メーカーなどは国内での過当競争の弊害があって、
韓国などのメーカーに抜かれているという指摘もある。グローバル競争で勝負で
きるような企業ができるために、日本の産業界の大規模な再編は必要だとお考えか。

【幹事長】まず再編は、私、個人的には必要だと考えております。ただ、それを
国とか役所が先導することがいいかどうかは、また別の議論であります。それは
自主的になされることが望ましいと思います。
 それから、今回もそうなんですが、いろいろな法の適用とか、特に独禁法です
ね、そういうことを考えるときに、市場そのものがグローバル化していることは
踏まえて判断していかなければならないのではないか。もちろん、ものによって
国内だけのマーケットで成り立っているような産業もあるかと思いますが、グ
ローバルに競争している産業にあっては、やはりそのことを踏まえて判断すべき
だと思っております。
 日本の鉄鋼メーカーも、つい最近までは世界一とか2とか言っていたのが、今
や中国メーカーや、しかも中国メーカー自身も統合されて競争力が急激に上がっ
ていますし、あるいはインドも非常に大きくなっていて、相対的に地位が低下し
ていますよね。そういうことはよく考えなければいけない点ではないかと思って
います。

○愛知県知事選挙、名古屋市長選挙について

【朝日新聞・南記者】「減税日本」という地域政党に対して、二大政党が苦しん
でいる展開になっていると思うが、この事態をどのように幹事長として受け止め
ている
か。

【幹事長】政党間でそういうことになっているのかどうかと。私は必ずしもそう
は思いませんが、ただ、やはり自民党・民主党が国民の期待に十分こたえていな
いと。その国民の不満・失望感の受け皿になっているとは言えると思います。こ
れは「減税日本」だけではなくて、ローカルパーティー、他にもあるわけであり
ます。そのことについては、われわれ真剣に受け止めなければいけないと思いま
す。ただ、言っていること、政策は、私は全く評価しませんけどね。

【朝日新聞・南記者】河村さんの、政策の内容はともかくとして、市議会解散と
いう手段を使ってでも有権者に公約した内容を実現しようという姿勢への共感も
一定程度あると思う。その点についてはどのように受け止めていらっしゃるか。

【幹事長】市議会解散だけならともかく、自らも辞して、そして選挙をやり直す
というのは、私は行き過ぎていると思います。

【朝日新聞・南記者】市議会解散という手法に関してはいかがか。

【幹事長】それは権限的には認められていることですから、全くいかんと言うつ
もりはありません。しかし、そこに至るまでに十分に議論をしたのかどうかは問
われると思います。

【毎日新聞・野口記者】今回の名古屋・愛知の選挙は自民党も民主党もともに埋
没している。このままの結果で終わった場合に、今後の国会の運営や政権への影
響をどう考えるか。

【幹事長】知事・市長の選挙ですから、直接影響があるとは思いません。しか
し、先ほど言ったようなことで、国民の期待に十分こたえられていないことにつ
いては、われわれ真剣に受け止めなければいけないと思っています。

【中日新聞・関口記者】告示前後に幹事長は、今回の2つの選挙は統一地方選の
前哨戦だ、という位置づけを示されていた。今もその認識は変わらないか。

【幹事長】当然、時期的にいっても統一地方選挙の前哨戦と位置づけております。

【中日新聞・関口記者】そのうえで、今回の2つの選挙の結果が統一地方選挙に
与える影響はどうお考えか。

【幹事長】先ほどもお話に出ておりますように、自民党も2人の候補者に分かれ
てやっている状況ですから、知事選に関していえば、ですね。市長選について
は、石田よしひろさんを市議の方で応援している方もいるというか、市議団は推
薦したと聞いていますので、自民党との比較においてどうこうということはない
と思います。

 ですから、ある意味では地域におけるそういった現象が起きていると。しか
し、このことは、大阪においても同様のことが起こりかねないと。あるいは他の
都市部でもそういうことがあるかもしれないという意味では、十分に対応を考え
ていかなければいけない問題だと思っています。

【中日新聞・関口記者】幹事長、知事選の告示から昨日まで4回選挙区入りされ
ているが、この後、選挙区入りする予定があるかということと、与党幹事長が地
方の選挙にこれだけ現地に足を運ばれるのは異例だと思うが、その理由はどうい
う思いからか。

【幹事長】今後、(選挙区入りする)予定は特にありません。もちろん、まだわ
かりませんけれどもね。
 4回が多いかどうかですが、何といいますか、石田さんは現職の衆議院議員
だったわけで、その石田さんが退路を断って立候補した。私、「いかがなもの
か」と言ったこともありますが、本人は非常に「このままでは政治がおかしくな
るし、名古屋がおかしくなる」ということで、退路を断って出られたわけです
ね。それから、みそのさんは、やはり党として推薦をした。私、かねてから存じ
上げている方ですが、厳しい状況の中で出馬を決意してくれたと。そういった候
補者にしっかりと、幹事長としてできる限りのことはするのは、私は必要なこと
だと思っております。幹事長として、というよりも、ある意味では「人間とし
て」と言ったほうがいいかもしれませんが。

【日刊ゲンダイ・小塚記者】この結果の影響というところで幹事長は、「自民党
との比較においてどうこうではない」とおっしゃったが、知事選に関していう
と、大村さんは、河村さんの応援を受けているとはいえ、もともと自民党の議員
だし、自民党が分裂した選挙になっている。民主党は一丸となってみそのさんを
推している状況だ。そう考えると、民主党が本来勝ってもよさそうなものなの
に、もし負けるとなれば、自民党よりも民主党のほうが深刻な状況と考えられる
のではないかと思うが、どうお考えか。

【幹事長】どの党が、ということではおそらくないでしょうね。河村さんの応援
を受けた大村さんが、ということだと思います。こういう中にあっても党がきち
んと一丸となって戦ったことは、私は貴重なことだと思っています。

【産経新聞・宮下記者】今回の選挙にあたって「全議員が一度は愛知に現地入り
してほしい」という指示を出されているかと思うが、その現状はどのような状態
か。1回生を中心に現地入りされていない方が少なくないと伺うが、もしそうで
あれば、その状況をどうごらんになられているか、その原因とか、ご説明いただ
きたい。

【幹事長】現状は私、詳細を把握しておりませんし、申し上げることではないと
思います。ただ、電話作戦とか、あるいは自ら入っていただくことはお願いして
いるところです。そういったことについてみんなが力を合わせてやると。そうい
う党にぜひしたいと思っておりますので、結果についてはしっかりとデータとし
て蓄積させていただきたいと思います。「ひとの選挙は行かないけれども、オレ
の選挙は応援に来い」というのは基本的に成り立たない話だと思います。ひとの
ために汗を流す人がやっぱり報われる、そういう党でありたいと思います。

○北方領土における外国企業の活動について

【日経ビジネス・森記者】北方領土について、ロシアが韓国に共同開発を呼びか
けている。今後の日韓関係にも影響が出るかと思うが、いかがごらんになってお
いでか。

【幹事長】基本的にはこれ外務省の問題ですので、私があまり口を差し挟まない
ほうがいいと思いますが、北方領土に例えば日本人が入ることに対して、従来、
国は、そういうことはやめていただきたいと言ってまいりました。
 他国の企業が北方領土で活動することについて、法的にはなかなか難しいとこ
ろがありますが、しかし、決してそれは日本にとって喜ばしいことでないことは
事実ですから、何らかの外交的対応が必要になってくるのではないかと。強制力
はなかなかないのですが、日本政府としての意思を示す必要があるのではないか
と、個人的にはそう感じております。

【世界日報・早川記者】その意思というか姿勢を示す必要があるということだ
が、2月7日が「北方領土の日」で、昨年11月からメドベージェフさんや国防
次官とか、(ロシア)の政府高官が相次いで訪問している。一昨日には(ロシア
の)地域発展大臣が記者会見して、北方領土をロシア領として長期的に開発して
いくことを話された。今まで「遺憾である」というコメントで、遺憾、遺憾が続
いてきているが、ここで何か次の一手が打てないのかなという気もする。今
ちょっと抽象的におっしゃったが、具体的に何か打てないのか。

【幹事長】外交当局はいろいろと考えていると思いますが、私はそういったこと
の詳細を承知しておりませんし、あまり軽々にものを言うべきではないと思いま
す。当然、現状を放置しているわけではないと理解しております。

【日本テレビ・福井記者】「日本政府としての意思を示す必要があるのではない
か」と言われたが、どこに対してか。今回の主体は韓国企業だと思うが、韓国政
府に対しても何か意思を示す必要があるという意味か。

【幹事長】私は双方だと思います。企業というより、政府ですね。

○年金改革の議論について

【朝日新聞・南記者】年金改革の関係でお伺いしたいのですが、菅総理が昨日の
予算委員会で、最低保障年金について確定しているものではないという形での答
弁をされた。これをもって民主党公約の後退とか撤回という受け止めもあるが、
幹事長としてはこの国会論戦の状況をどのように受け止めておいでか。

【幹事長】なかなか難しいところですね。ですから各党との協議を進めようとし
て、わが党の案をあまり強調すると、それを理由に協議に乗ってこない。といっ
て柔軟姿勢を示すと、ウソつきだと言われるという、非常に難しい状況かなとは
思います。
 ただ、別に、例えば民主党の主張を今いったん強く主張しないからといって、
それでやめたということではないので、当然協議の中でそういったことは主張し
て盛り込まれるようにしていくということで、民主党のマニフェストに書かれた
ことが全部取り下げられているということではない。議論するために少しハード
ルを低くしていると、そうご理解いただきたいと思います。

【朝日新聞・南記者】岡田幹事長が超党派のメンバーで08年12月にまとめた
ペーパーには、「基礎年金が果たす役割というのが最低保障年金であることを明
確にして、金額も設定すべきだ」という提言をされている。岡田幹事長としては
そのお考えは変わりないか。

【幹事長】「幹事長としては」と言われれば、私の幹事長としての考え方は、マ
ニフェストの考え方であると申し上げたいと思います。
 超党派のものは、自民党の野田毅さんや河野太郎さんなどと議論を重ねてつ
くったもので、あれはあれで一つの整合性ある提言で、ぜひ参考にしてもらいた
いと思います。1階建ての部分は最低保障ということで、これは税で基本的に考
えていくと。2階のところはむしろ積み立てにするということで、理念としては
非常に整理されたものだと思っております。これから幅広く議論する中で一つの
参考にしていただけないかと思っておりますし、与謝野さんには私の案もお渡し
をして、「これも検討してみてください」ということは申し上げてあります。真
剣に取り上げられるかどうかはわかりませんが。

○予算委員会の論戦について
【読売新聞・中島記者】昨年の臨時国会での予算委員会の論戦について、「揚げ
足取りが多かった」という評価をされていたと思う。通常国会が始まって予算委
員会を何日かやっているが、これまでのところをどうご覧になっているか。

【幹事長】これまでのところ、いろいろなバリエーションはあるんですが、全体
として見れば私は有益な議論が多いと思います。若干厳しいやり取りもあります
が、政策論が中心になっていて、こういうことこそ予算委員会にふさわしいと、
そう思っております。

○マニフェストの検証について

【ニコニコ動画・七尾記者】視聴者の質問を代読します。
 政府・民主党は2009年衆院選マニフェストの見直しに本格的に着手すると
の報道がある。見通しは望ましい形ということで結構だが、見直した結果の公表
は一気にされるのか、あるいは段階的に個別政策単位で公表されていくのか。2
点目として、その際、必要な財源規模や確保に関する明示はされていくのか。
【幹事長】見直しというより「検証」と、われわれ申し上げております。1年半
たって、夏ごろには2年ということになりますから折り返し点ですね。政権交代
して4年の任期の中の折り返し点になりますので、既にできたもの、これからや
るもの、残念ながらすぐにはできないもの、あるいはそもそもできないもの、そ
ういったことについてきちんと議論をして、できないものや遅れるものについて
はその理由も正直に説明する、申し上げることは、私は政党としての誠意である
と思っております。
 そのための作業の、どういう形でやるかということは今、政調会長と議論をし
ているところでありまして、多少時間がかかっておりますが、個別の問題はそれ
ぞれの政調の中の担当セクションで議論することになりますが、マニフェストは
党全体のものですから、最終的には一つに集約して、そして国民の皆さんに説明
すると。そういうことになると思います。

【ニコニコ動画・七尾記者】見通しとしてその時期はいつごろになるのか。

【幹事長】私は、夏ごろまでにはと思っております。

○大相撲の八百長疑惑について

【日刊スポーツ・中山記者】大相撲の八百長の件で、閣僚の中からは「現段階で
は、公益法人としての認可は厳しいのではいか」という声が出ている。幹事長と
してのお考えを伺いたい。

【幹事長】それは相撲協会の対応をちょっと見てみないと、簡単には結論を出せ
ない問題だと思います。長い伝統のあるものですので、簡単に突き放すこともい
かがかと思います。ただ、根本的にこの問題にメスが入らないことになります
と、これはもうスポーツではないという、あるいは「相撲道」にあまりふさわし
くないことになってまいりますので、それは単なる財団法人としての認可の問題
を越えて、より深刻な問題になりかねない。そういう深刻な問題でもあると思っ
ています。

【日刊スポーツ・中山記者】冒頭にも「相撲道にふさわしい対応」とおっしゃっ
たが、姿勢を示すということで具体的に協会としてはどうあるべきだと思われるか。

【幹事長】徹底的に検証することですね。過去も含めて、洗いざらい検証して、
事実を出すと。そして再出発することだと思います。

○東京都知事選の候補者擁立について

【TOKYO MX・塚越記者】東京都知事選について、最近(共産党の)小池
氏への出馬要請や、東国原氏が出馬するかもしれないと、にわかに騒がしくなっ
てきている。民主党としては都知事選をどう位置づけて、どんな準備をされてい
るのか。

【幹事長】民主党としては、候補者の擁立について現在協議を行っているところ
です。都連を中心に議論が行われています。

【TOKYO MX・塚越記者】東国原氏が出馬するとなった際、民主党として
はどうお考えになるか。

【幹事長】まだ決まってもいない話を、公党の幹事長がコメントすることはあり
ません。

【朝日新聞・南記者】東京都知事選で他党が擁立した候補を相乗りの形で推薦す
ることはあり得るのか。

【幹事長】基本的に、そういったことは考えておりません。

○「党改革検討本部」について

【共同通信・中久木記者】今日の党改革検討本部の初会合でのやりとりという
か、確認したことと、今後のスケジュールを紹介していただきたい。

【幹事長】個々のやりとりを申し上げることは特にありませんが、まだメンバー
が固まっていない委員会もありますので、そこを早期に確定したうえで、それぞ
れ、全体は長妻さんに見てもらうのですが、スタートすることを確認いたしまし
た。月に1回はこの本部を開いて進捗状況の報告を受けると。それから春ごろま
でには少なくとも、中間的であれ、報告していただきたいということです。

【日本テレビ・福井記者】規約など重要なものを決めるメンバーということで人
選が非常に大事だと思うが、委員会のメンバーはどのように決めているのか。

【幹事長】メンバー、委員長は私が決めました。長妻さんと相談をして。副代表
あるいはそれに準ずる方にお願いをいたしました。川端さんは、従来、規約につ
いて検討を一度お願いした経緯がありますので、委員長になっていただいたわけ
です。あとは執行部の中で長妻さんとか総括副幹事長に事務局長になっていただ
いて、その委員長と事務局長に委員の人選はお任せしているということです。

【日本テレビ・福井記者】人数など規模についてはどのようにお考えか。

【幹事長】私はあまり多くないというイメージで、5~6人という感じですね、
委員は。

○「竹島の日」記念式典について

【フリーランス・安積記者】2月22日の「竹島の日」の記念式典について、主
催者の島根県に問い合わせてみたら、既に民主党県連に出席要請はあり、一応、
渡辺周さんの出席が決まっているという話だった。領土問題は国家というか中央
政府が動いてほしい、与党も動いてほしいということなので、党の役員クラスの
メッセージなり出席なりが欲しいというような話だった。幹事長自身が出席され
る、ないしは幹事長名で誰か代理で派遣される、またはメッセージを出されるお
つもりはあるか。

【幹事長】県連にそういう要請をされたということもあると思いますが、私のと
ころには届いておりません。少なくとも私はそういう認識をしておりません。あ
と渡辺さんが出られると。渡辺さんがどういう資格で出られるのか。党務委員長
であることは間違いありませんが、ちょっと私、詳細を承知しておりません、ど
ういう経緯でそうなったのか。

【フリーランス・安積記者】竹島については領土問題プラス経済的なことの関連
もあるので、やはり国家、中央政府が動かないといけないと思う。これについて
いまだに幹事長のほうに何も上がっていないということは、幹事長のほうから、
どういう動きがあるのかと調べるおつもりはあるか。

【幹事長】今聞きましたので、ちょっと県連に確認してみたいとは思います。

○国会対策委員会について

【テレビ東京・大江記者】予算委員会を見ていてもなかなかスムーズに進まない
場面もあると思うが、今の国対をどうごらんになっているのか、安住国対委員長
の評価、またはどういうことを要望なさるか伺いたい。

【幹事長】評価をする、しないというのは私が言うべきことだとは思いません。
国対というか今の予算委員会はかなりスムーズに進んでいると思います。時々止
まったりすることもありましたけれども、根本的に何か行き詰っているという話
は全くないと思っております。順調に進んでいるというのが私の認識です。
【テレビ東京・大江記者】どういう要望をなさいますか。

【幹事長】いや、こういう場で何か言わなくても、いつも会って話はしておりま
すので、それ以上のことはありません。

○財政健全化責任法案について

【時事通信社・近藤記者】財政健全化責任法案について近く自民党が修正案を再
提出するということで、新たに予算を伴う政策にはそれを上回る恒久財源が必要
だという条項が加わるということで、11年度予算案からの適用となると、子ど
も手当の実現にも影響してくる。これまで「前向きに議論する」とおっしゃって
いたと思うが、どういった議論をしていくおつもりか。

【幹事長】よく法案の中身を見てみたいと思います。いつからのことを言ってい
るのかということもあると思います。これから法案が出てくるということは、法
の施行はいつを想定しているのか、それにもよるわけですから。今、想像ではも
のを言わないほうがいいと思います。

○三重県知事選について

【伊勢新聞・中森記者】自民党は鈴木英敬氏擁立に向けて再調整を行っている。
民主党の相手候補が鈴木氏ということに対する感想と、民主党のほうがまだ擁立
されていないが、いつごろをめどか、なぜまだ擁立されていないのか。

【幹事長】県連のほうは一生懸命に、今いろいろな議論をしておりますが、主要
メンバーが幹事長であったり予算委員長であったり予算筆頭であったり、あるい
は首相補佐官であったりということで、なかなか一堂に会して議論する機会がな
いことも、遅れている一つの原因かなと思います。しかし、そろそろ決めなけれ
ばいけないとは思っております。

 自民党のほうの動きはまだはっきりとしておりませんので、特にコメントは控
えたほうがいいと思っております。

○予算関連法案の修正協議の場について

【朝日新聞・南記者】子ども手当法案など予算関連法案の修正協議の場について
お伺いしたい。これは予算委員会の場なので修正協議を並行してやることを念頭
に置かれているのか、それとも子ども手当法案であれば個別の厚生労働委員会の
現場で修正協議を行っていくのか、その辺のイメージについてお聞かせ願いたい。

【幹事長】コメントは控えたいと思います。

==============================
編集・発行/民主党幹事長室
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1
*掲載内容を故意に歪める形での再配布はご遠慮ください。
http://www.dpj.or.jp/
Copyright(C)2011 The Democratic Party of Japan.
==============================