電気よりもお湯のほうがエコかも 東京都が太陽熱利用システムに補助金

 東京都が「太陽熱導入補助制度」を発表し、新築集合住宅などへの補助金を出すことにより普及を進めるとしている。
 太陽のエネルギーという太陽光発電をすぐに思い浮かべるが、太陽光発電の変換効率はが10%なのに対して熱への変換効率は40~60%と高いこと。家庭で使うエネルギーの約50%は給油と暖房なのだそうで、化石燃料の消費を抑えるには、太陽熱のほうがより効果的なのだそうだ。

 電気だけに注目しないで、作った電気を何に使うで考えてみると、直接熱にしたほうがいいのかもしれない。そういえば、昔は屋根の上に水が流れるパイプを這わせて温水にするシステムがあったが、最近は見かけない。この補助金で復活するのかも。温故知新ということかな。

 夏場にキャンプにいくとき、ポリタンクに水を入れて日の当たるところに置いておくだけで温水になり簡易シャワーになってしまう。こんな安易な方法でなく、ちゃんと考えて作れば冬場でも使えるようになるのだろう。注目したい制度だ。

【参考】
ECO JAPAN 太陽熱システム普及へ、東京都とメーカーがスクラム