毎日風呂に入るのが就活の第一歩?

 大学生向けの就職ガイダンス本を見ていたら、一般常識がない人を企業は採用しません。風呂には毎日入り、一度着たワイシャツやブラウスは洗濯しましょう、下着も毎日変えます。髪は櫛で整えるなどのようなことが書かれていた。ビジネスマナーなども書かれていたけれど、おいおいとの思い。こんなことまで説明しなくてはならないのか、と思ってしまった。
 当然知っていることのおさらいなのだとは思うが、もしかしてこのようなことまでマニュアル化しなくてはならないのだろうか。親の顔が見たい…、と言いたいところだが自分の子どもなので言うわけはいかないのだが、なんだか不思議なガイダンスだった。どこでも同じようなことが書いてあるのだろうか。
 何はともあれ、若者の就職難は大きな問題。雇用を前面に出している政権に期待したい。