名寄せ台帳紛失事件で市長給与2割減額へ

 12月22日の武蔵野市議会本会議に先の市税滞納者名寄台帳紛失事件の責任を取り、市長給与の1か月分の2割を減額をする議案が出され全会一致で可決した。これにより、1月分の市長給与が2割減額されることになる。名寄台帳の紛失は、今年になり二回あったこと。一回目も含めて事件が解明されていないことから、通常の1割減額よりも重い処分となった。同時に担当の副市長給与も減額される。