保育料の見直し

hoikuhi2 先日の一般質問で、保育園の保育料について、低額所得者は据え置くとしても高額所得者には見直し(値上げ)をすべきではないかと質問をしたところ、高額所得者に対しては検討をしたいという趣旨の市長の答弁があった。
 待機児対策は早急に必要だが、財源も考える必要があるはずだ。保育所を必要としているのに、認可保育所に入れた、入れないで数倍にも変わってしまう保育料の“格差”にも何時までも目をつぶっているわけにもいかない。保育所の拡充、認証、認可外保育所の保育料への補助を増やすためにも、同じ保育所を必要としている人たちで少しでも負担を分け合うことも必要ではないだろうか。保育所を増やせ、補助を増やせ、保育料は上げるなというのは簡単。誰でも言える。でも、市政の持続可能性考えれば、そなことで良いのだろうか。

■認可保育所の保育費用 保育料は1割でしかない

 22年度予算の一般会計額は約569億万円だ(当初)。そのうち最も多くの36.5%を占めるのが福祉関連の予算を示す民生費。その民生費のうちの34%が児童福祉費で、児童福祉費の27%を占めるのは保育園費になる。保育園費の総額は約19億円。

 認可保育所の子ども一人当たりにかかる費用は月額平均で17万2583円。これは0歳から5歳まで含めての平均額で、この額に対して、保育料による収入は1万9785円となっている。国と都からの補助金は1万8514円。細かな他の収入はあるものの、残りのほとんどを市が負担しており、その割合は69.4%にもなっている(平成21年度決算)。保育料による費用負担は約1割というなかで、保育所を増やすとなれば、市の負担、税金の投入はさらに増えることになってしまう。
 だからといって、保育所を増やすなとはいえないし、逆で増やすべきだと思う。特に武蔵野市の場合は、長年にわたって新設がなかったのだから取り戻す意味でも必要だ。しかし、今後の高齢化社会、経済状況を考えれば、税収が劇的に増えるわけではなく福祉関係の費用である民生費はさらに増えていく。財政が厳しくなるのは誰でも分かるはずだろう。

 この状況下で、保育所を増やせ、保育料は上げるなとは、財政状況を考えることができるのなら簡単に言えないな、私は考えている。他の事業の削減での費用捻出は必要としてもだ。もちろん、大幅な値上げはすべきではなく、できるだけ小額としか言いようがないし、高額所得者に少しの負担をお願いするしかないのだと思う。hoikuhi

■認可保育所と認可以外の保育料の差も問題
 
 武蔵野市の認可保育所の保育料は、所得に応じて3歳未満児で0円~5万7100円。3歳児以上は0円~2万8300円。これに対して、おもに0歳~3歳が対象になる認証保育所などの保育所の保育料は、武蔵野市内では4万3000円~6万9500円だ。この額は基本保育料の額で、保育する時間によってさらに増える。4万3000円の保育所の場合は、基本が8時30分~17時なのでフルタイムで働いていればこの時間では間に合うわけはなく、延長料金が必要になってしまう。ほとんどの場合、7万円近くになるはずだ。そして、認可外の場合は、所得には関係なく一律の保育料だ。低所得の人であれば、保育料は認可保育所の倍以上にもなってしまう。武蔵野市の場合、月額2万円の補助を支出しているが、それでも足りないのは明白だろう。

 保育所を必要としているのに、認可に入れれば低額の保育料。入れないと高額になるというのもおかしなものだと思う。不景気で仕事をしなくてはならない。でも認可外保育所の保育料を払うと何のために働いているのか分からなくなるという話も聞くほどだ。このことは私の子どもを無認可(当時の言い方)に預けていた頃となんら変わらない状況だ。保育所の数も必要だが、現実の保育料格差の解消も緊急課題だと思う。

 少子化対策、子育て支援の拡充を考えれば、認可外保育所の保育料への補助がもっと必要になる。本来であれば、認可、認可外でも保育所を必要としている同じ立場であれば、保育料は同じにすべきなのだと思うが、その差、格差を少なくすることも求められていると思う。しかし、財源は無尽蔵ではない。どこかで少しでも財源を確保と考えると、同じ保育園を必要としている者どうしで助け合うと考えるべきではないだろうか。

 認可保育所に入れた人、特に3歳以下の場合、認可外に入所していないと入れなかったケースが多いはずだ。その保育料の高さは、分かっていると思う。入所したから後は関係ないではなく、次に続く家庭のためにも少しは負担をしても良いのではないだろうか。

■議会での反応

 こんな思いから一般質問を行った。値上げなんか言い出すなと議会内では言われてしまったが、武蔵野市の未来を考えると財源を知らんぷりして、あれこれもよこせ、費用負担はしたくないなんてことは言えない、と私は思う。嫌なことは行政にだけ言わせて、議員は文句だけ、要望だけいいのかとも思う。

 保育料の見直しだけで保育所の新設や保育料補助の財源を全てまかなうことはできないが、少しでも、と考えるべきではないだろうか。武蔵野市の持続可能性も考えなくてはならないはずだ。

 今回の一般質問ですぐに保育料がどうなるとはならないだろう。武蔵野市の場合は、保育料審議会を開催してから決めるので、保育料を変えるまでは1年程度はかかるからだ。でも、保育の拡充を考えれば、おそかれ早かれ直面することになるはずだ。

画像は武蔵野市保育概要2010から